2012年04月06日

お出掛け前のメンテナンス!

週末は「晴れ」という地域が多いかと思うのでお花見日和になりそうで楽しみですね。
バイクに乗る予定の方も楽しみですね。
私も朝早起きしてサクラ満開の下をバイクで走り抜けてみようと思ってます。
さて、楽しそうな週末を前に今日少しだけ紹介したいのは
春のお出掛け前には忘れずにやっておきたいメンテナンスのこと。
と言うことで、足下を演出するブーツのメンテナンスについて紹介したいと思います。
DSC05114.jpg

メンテしたブーツは、皆さんお持ちになってる方も多いかと思うRedwingの定番エンジニアブーツ#2268。
当然のことながら、当店の取り扱いアイテムではないのですが、たまに個人用で愛用しているブーツです。
今回はブーツの紹介ではなくて、メンテナンスアイテムの紹介なので
細かいことは気にしないでください。

※メンテナンスについては、諸説あるかと思いますが、ここで紹介するメンテ方法はあくまでも
私個人的なメンテナンスになります。
従いまして、あくまでもメンテナンスの一つの参考程度にご理解願います。

メンテ道具として、濡れたウエス、ブラシ、マスタングペースト、ブーツメンテ用のスポンジなどを
用意します。
DSC05098.jpg
DSC05099.jpg
メンテ道具が揃ったところで、いざ、メンテナンス開始!
まずは、塗らしたウエスでブーツの汚れを取ります。
相当汚れているかと思うので、途中でウエスを洗うなどの配慮も必要です。
DSC05102.jpg
バックルなど汚れが取れづらい部分は、
スポンジの固い部分を小さく切ったモノで軽くこすって汚れを綺麗に落とします。
※あまりゴシゴシ擦ると傷が付きますのでほどほどに。
DSC05103.JPG
全体的にある程度汚れが落ちたら、ブラッシングします。
レザー表面はもちろん、縫い目やコバの部分など全体を念入りにブラッシング。
ちなみにストラップは外して作業しましょう!
DSC05104.jpg

ブラッシングが終わったら、いよいよオイルを入れます。
当店では、もちろん「マスタングペースト」を推奨。
使い易くてオススメです。
DSC05105.jpg

私は、マスタングペーストを少量スポンジにとってブーツ全体に塗り広げて行く方法で
オイルを入れます。
このとき使うスポンジは「ブーツ用」で、「ジャケット用」とは分けて使っています。
(どちらも食器用スポンジですけど)
DSC05106.jpg

オイルは塗りすぎないように少量を薄くのばして塗るよう心がけてください。
で、オイルの塗り込み終了↓
DSC05107.jpg

ちょっとテカってます。
塗り過ぎも懸念されますが、私の場合この後にもう一度ブラッシングを行います。
それにより、余分なオイルがブラシで拭き取られると共に、
レザーにオイルを浸透しやすくさせる効果があると思っております。
DSC05108.jpg

仕上げのブラッシングが終われば、ストラップをつけてオイルメンテ終了。
DSC05110.jpg
バックルも綺麗になりました。
DSC05111.jpg
これで終了と言うことでも良いのですが、
季節も変わる時期ですので、この時期にはインソール交換をオススメします。
インソールを交換することで、外見だけでなくインナーもキモチ良くリフレッシュしてください。
DSC05115.JPG
■WESCO Boot insert
Price ¥2,100-(tax in)


今回はブーツのオイルメンテに「マスタングペースト」を使いましたが、
ジャケットはもちろん、レザーのバックやウォレット、ベルト、シートなどの
メンテナンスにも大活躍してくれるオススメなアイテムです。
※裏革製品には利用できません。
また、近日中に「マスタングペースト」からリキッドタイプのNew製品が新発売されると言うニュースも
届いておりますので、入荷次第ご案内させていただきます。
DSC05117.jpg
■マスタングペースト100ml
Price ¥2,940-(tax in)


週末は全国各地のサクラ名所が大混雑になりそうですね。
せっかくですから、思う存分に春を満喫した楽しい週末をお過ごしください。
それでは、良い週末を!








posted by kei at 19:55| Comment(0) | Motorcycle equipment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント