2012年04月19日

古いモノを継承していく気持ちが大事。

気がつけば4月も後半に入って来ました。
来週末はゴールデンウィーク突入!ですよ。
歳をとったせいか月日が経つのが早く感じます。
経営者的には「もう月末かよ!」ってのも切実な悩みですけど。

さて、個人的なコトですが4月に入っても毎日革ジャン通勤です。
信号とかで横のヒトが半袖Tシャツだったとしても気にしません!
だって夜はまだ寒いから。
とはいえ5月になったら通勤に革ジャンは少し辛いかな?
まあ、今年もいけるとこまで革ジャン着て過ごしますけど。

と言うことで、今日は昨日着用した革ジャンを少しだけ紹介させて頂きます。
現行モデルではなく60s' Vintage Jacketです。
DSC05279.JPG

最近、Vintage着用率が高いのですがその理由の一つは
ジャケットに風を通してあげたいから。
コレクションと言ってずっと部屋にしまっておくと言うのはやはり革に良くない。
いつか手放すときに良い状態で新しいオーナーに譲りたいので
メンテナンスの一環としてもたまには屋外で着用します。

改めてジャケットを紹介↓
DSC05274.JPG

60年代のLewis Leathersの襟付きシングルジャケットです。
タグはこんな感じ↓
DSC05278.JPG

全体的なシルエットはVintage modelらしいボテっとしたシルエットです。
DSC05286.JPG

背中には何かはがしたような縫い目があります。
勝手な想像だとリフレクターテープだったのかな?不明ですけど。
DSC05285.JPG

両肩にはエポレットが付いています。
DSC05277.JPG

エポレットって必要なのか?わかりませんが
軍モノみたいな雰囲気がちょっと気になります。
センタージップはオーバルタイプのLIGNTNING
DSC05275.JPG

しかもダブルジップになってます。
DSC05276.JPG

袖はL
DSC05282.JPG

センタージップエンド部にはスナップボタンカフスが付いていますので
Motorcycle Jacketに間違いありません。(って誰も疑ってないですけど)
DSC05281.JPG

ウエストのアジャスターバンドもいい感じです。
DSC05284.JPG

両袖にはワッペンを剥がした後があったり、胸にはピンバッチをつけて空いた穴も多数見られます。
そんなダメージ部分もこのジャケットの歴史を感じさせるポイントです。
DSC05283.JPG

要所要所に見られる味と一言では片付けることのできない革の魅力が
いい感じです。
DSC05287.JPG

エポレットに違和感はありますが
パッと見は右胸のジップポケットが付いていないDominator に見えます。
モデル名は不明というか、デザインオーダージャケットではないかと思いますが
左胸のジップポケットの代わりにインナーポケットが付くあたり
ポケットへの拘りも感じます。
DSC05289.JPG

今から50年も前からオーナーを格好良く演出し続けてきたジャケットなんですよね。
今は偶然にも私の手元にありますが、
いつの日か新しいオーナーの基にジャケットと感動を受け継ぎたいと思います。
ジャケットだけでなくバイクも含め、古いモノは大切に扱い
そして、末永く愛されて継承されていくことが大事なコトだと思います。
合理的という言葉の元、モノがどんどん捨てられていくことは
仕方のないことだと思いますが、
古き良きモノはこれからも大切にヒトからヒトへと受け継がれていって欲しいと願います。

さて、来週末はゴールデンウィーク突入!ですよね。
DBMS cafe&clothingではご来店いただいたお客様へのGWサンクス企画を開催します!
内容は後日改めて紹介させて頂きますが、
GWの予定が特にない方は是非、遊びに立ち寄ってください!
ちなみに...
GWは、5月2日(水)を除いて全て営業しておりますので
是非、遊びに寄ってください。

それでは、また!










posted by kei at 20:19| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント