2012年08月15日

レザーメンテなら、MUSTANG PASTEがオススメ!

朝から大雨だったり、急に晴れたり、でまた大雨だったりと
変な天気が続いてます。
ちなみに夕方になって今は凄く良い天気。
でもまた急に雨になるのかわからない不思議な天気ですね。

さて、今日はお盆時期に相応しいかどうかは別として
レザーメンテナンスグッズを少しだけ紹介します。

なぜ、この時期にメンテグッズかというと...
クロゼットやタンスの中に革パンを入れっぱなし、と言う方いませんか?
確認するのも恐ろしい状態になっている可能性もありますが、
ワイルドになっているかも知れない大切な革パンを一度確認してみましょう!
と言うことで、今日は大切な革パンCHECKありきのメンテグッズ紹介です。

まずは、仕舞い込んでいる革パンチェック↓
CIMG0796.JPG

Late 70's- Early 80's Lewis Leathers 935 Jeansです。
CIMG0798.JPG
CIMG0797.JPG

935 Jeansは通称「ケツポケット」がジップ式になっているタイプです。
ジップ式でない通常のパッチポケットは 934 Jeansと呼ばれてます。
CIMG0799.JPG

とレザーパンツの話はおいといて、今日はメンテグッズ。
CIMG0800.JPG
汚れの度合いによって、レザーソープやリムーバー、ローションなど用意するのですが
ブラッシングをしたところ、メンテナンスオイルで十分だったので
今回はマスタングペーストのみでメンテすることにしました。

まずは、ブラッシング。
とにかくブラッシングします。ブラッシングは汚れ落としの基本中の基本ですので
レザー表面はもちろん、縫い目のコバ部分など隙間にもしっかりブラッシングします。
CIMG0802.JPG

ちなみに、汚れがひどい場合は
軽くブラッシングした後、固く絞った濡れタオルなどで表面を拭き上げます。
ひどい汚れは、レザーソープで泡立てながら落とした後、タオルで拭き上げます。
そして、15分程度乾かしてからオイルメンテを行うと良いと思います。

オイルメンテは、信頼と実績のマスタングペースト。
CIMG0805.JPG

Mastang Paste 100
price ¥2,940−(tax in)


私の場合、横着者なので洗剤用スポンジにマスタングペーストを少量取って
一気に塗り込んでいきます。
この時、塗りすぎには注意した方が良いですが、
天然素材のスキンクリームなので、そんなに慎重にならなくて良いと思います。
(塗らないよりマシだ!位な気分で入っちゃってください)

一通り、マスタングペーストを塗りおえたら、
懲りもせず、もう一度全体をブラッシング↓
CIMG0806.JPG

この時のブラッシングでは、余分なオイルをブラシに付着させることが出来たり、
コバや隙間に入り切れていなかったオイルをブラシを使って届けることが出来たりといいコトづくめです。

ルイスの革パンの他にも、クローゼットに入っていた別の革パンも一緒にメンテしました。
20年近く前から愛用しているゴートレザー(山羊革)の革パン↓
CIMG0807.JPG
マスタングペーストを塗ったら、テッカテカになりました。
(が、その後浸透していき、結果、かなりオイルを喰いました)

そして、これがないと冬はROLLを語れない?
ROLL革パン↓
CIMG0812.JPG
CIMG0810.JPG
ROLLSの必需品です。

一気にオイルメンテ(+アフターブラッシング)を済ませたら、
ちょっと放置。
ここでもオイルを馴染ませます。
(レザー表面にオイルが浮いているようなら、乾いたタオルで拭き上げてください)
一通り終わったら、片付け。
スポンジとかに付いた余分なオイルは、ブーツに使ってゴミ箱へ。
一石二鳥です。
CIMG0817.JPG
メンテナンスはいいけど、片付けが出来ない人はダメです。
メンテが終わったら、きちんと片付け&お掃除しましょう!

一晩程度放置した後、収納となるわけですが、
出来れば、クローゼットに入れずにどこか目に見える場所に掛けておきたいトコです。
せっかくメンテしても、タンスの中とかに入れておくのは危険です。
いつまでも愛用したい大切な革パンですから、愛情を持って管理しましょう!

まだまだ、暑い日が続いていくと思いますが
8月も後半に入ります。
あっという間に、秋の足音が聞こえる時期になるかと思いますので
そろそろ、レザーの準備をお忘れなく!
それでは、今夜も素敵な夏をお過ごしください。

Mastang Paste 100
price ¥2,940−(tax in)


dbms cafe&clothing
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
email info@d-lewis.jp









posted by kei at 18:23| Comment(4) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルイスレザーのメンテナンスについて教えてください。
牛革のサイクロン(黒色)を所有しているのですが、先日M.モゥブレィのクリームエッセンシャル(主成分は蜜蝋やオリーブオイルです。)を使用してメンテナンスを行うと、白くシミのようになってしまい困っています。布やブラシ等で拭き取っても状況が変わらず青ざめているところです...
ちなみにトリッカーズ等の革靴に使用したところ白くならず問題なくしようできました。

何かいい解決方法があれば教えてください。
Posted by UT at 2018年01月28日 13:45
ご連絡ありがとうございます。
また、返信が大変遅れてしまい、誠に申し訳ありません。
メンテについてですが、的確な返答はできないのですが白くシミのようになるということは油分の凝固が関係しているのではと感じます。
レザージャケットは革靴やブーツなどに比べ、柔らかい皮革を使用するため、オイル浸透率も高くなります。
基本、薄く伸ばすようにオイルを入れていくのですが、入れ過ぎた場合は、ブラッシングで拭き取る。
それでも取りきれない場合は、ウエスなどを熱いお湯で濡らしてよく絞った後、皮の表面についたオイルや汚れを拭き取ってみて下さい。
その後、皮が乾いた後にマスタングペーストなどの自然成分のオイルを薄く伸ばすように塗って頂ければと思います。
現物のジャケットを確認させて頂いたわけではないので、的確な返答ではないかと思いますが、参考にして頂ければ幸いです。
是非、お手元のジャケットを末永くお楽しみください。
Posted by Kei at 2018年02月12日 19:05
丁寧かつ具体的な回答をありがとうございます。
いただいた回答を参考にさせていただきます。

所有しているルイスレザーを今後も大切にメンテナンスして末永くつきあって行きたいと思います。

今後もブログが更新されるのを楽しみにしています。



Posted by UT at 2018年02月15日 22:38
ご連絡ありがとうございます。
何か気になるコトなどございましたら、
お気軽にショップまでご連絡願います。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by Kei at 2018年02月18日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント