2013年08月27日

50年後が楽しみになる本。

朝晩はすっかり涼しくなってきたことを実感する季節になってきました。
そろそろバイクにレザージャケットが気持ち良い最高の季節です。
レザージャケットだけではないけど、
拘りのスタイルを思いっきり楽しみたいですね。

さて、秋と言えば...いろいろあるところですが
ひとつに「読書の秋」ってのもあります。
そこで、本日は単なる本という枠組みを超えてしまう素敵な1冊を
少しだけ紹介させて頂きます。

ファッションをテーマにした本というのは数多くあると思いますが、
コレクションとして所有したい本というと
ズバリ!コチラではないでしょうか?
CIMG4454.JPG

田中凜太郎著
MY FREEDAMN!10 Special edition
price ¥30,000-(tax in)
■352ページ
■サイズ:縦310mm×横240mm(A4WHサイズ)※箱入り
■表紙装丁:木材(素材:合板バーズアイ・メイプル)特殊ウェーブ加工
■500部限定(国内300部/海外200部)
■表記:英語(日本語訳あり)


ご存じ、Vintage ファッションフォトグラファー&エディターの
田中凜太郎さんのMY FREEDAMN!シリーズ最終章限定バージョンです。

※本の説明は、公式サイトでの紹介文より
----ここから、
Special Version of My Freedamn! 10
『My Freedamn! 10』では最終巻を記念し、スペシャル・バージョンを限定500部
(うち国内配給は300冊のみ)ご用意いたしました。
本書のテーマである「ニューウェーブ特集」にかけて、”ウネっている本”です! 
表紙は世界トップレベルの合板製作会社として有名な『サイトーウッド』さんが製作。
さらに印刷後の製本作業は、東京下町の小高製本工業の職人さんがやはり手作業で1冊ずつ丹念に
組み上げています。
実に1年の製作期間を費やしたこの豪華本は、
1946年に米『ハーマン・ミラー』社が発表したイームズ・チェア”LCW”と雰囲気がどことなく似ていませんか? 
そうです、このスペシャル・エディションはインテリア・デコーレションとしてもぴったりな
”家具のような本”とお考えください!

素材には、最高木材のひとつとして有名な”バーズアイ・メイプル”をセレクト。
カラー・バリエーションは、
1.ヴィンテージ・イームズ・ファンに最も人気の高い朱色に近い赤色、通称”アニリン・レッド”
2.バーズアイの美しい斑点模様が引き立つナチュラル、通称”ブロンド”

の2色をご用意しています。
果たして50年後にこの美しい本がどのようなヴィンテージ本に変化しているのか……
いまから実に楽しみです!
-----ここまで。

以上です。
50年後にどんなヴィンテージ本になっているのか?
実に楽しみです。
CIMG4465.JPG
CIMG4456.JPG

当店在庫は、ブロンドのみ。
レッドは完売です。
在庫についてのお問い合せなどお気軽にお問い合せください。

MY FREEDAMN!10は
1980年代のニューウェーブファッション&ファッションカルチャーをテーマに
作られている本です。
80年代ということで、見覚えのあるファッションアイコンを多く見かけますが
コレもまたファッションの歴史となって受け継がれていくのかと思うと
じっくりと見入ってしまいます。
CIMG4457.JPG
CIMG4458.JPG
CIMG4459.JPG
CIMG4460.JPG
CIMG4461.JPG

本のコンセプトにもあるように「インテリアのような本」です。
ファッションに興味のある方もそうでない方も
在庫があるウチに拘りの一冊を是非手に入れてください。
CIMG4463.JPG

朝晩は少し冷え込みを感じるようになってきました。
季節の変わり目でもありますので
くれぐれも体調に気をつけて、気持ちの良い季節を最高に楽しんでください!
それでは、また!

田中凜太郎著
MY FREEDAMN!10 Special edition
price ¥30,000-(tax in)
■352ページ
■サイズ:縦310mm×横240mm(A4WHサイズ)※箱入り
■表紙装丁:木材(素材:合板バーズアイ・メイプル)特殊ウェーブ加工
■500部限定(国内300部/海外200部)
■表記:英語(日本語訳あり)


DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000241/


posted by kei at 20:19| Comment(0) | Motorcycle equipment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント