2015年04月08日

彗星という名のヘルメット

昨日も寒かったけど、今日も寒い完全に冬でした。
そして明日も寒いらしい...
でも季節は春。
週末に向けてきっと暖かくなるだろうから
今日明日の寒さも我慢して、幸せな週末を楽しみに待ちます!

さて、本日少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
CIMG6718.JPG

60s UK Vintage motorcycle helmet
-KANGOL COMET-

帽子とかで有名なKangolが60年代に製造していたMotorcycle crash helmetです。
Kangolと言えば、フレアーなシェルデザインが特徴のフラッグシップモデルの
MeteorやSpacemasterが有名ですが、
廉価版的な位置づけのカジュアルな雰囲気のCOMETも人気です。
※一般的にPOP中ラーが多いので写真で紹介しているゴールドは珍しいカラーになります。

横から見た感じ↓
CIMG6721.JPG

METEOR同様、チンストラップバックルは他メーカーモデルとは反対の左側についています。
CIMG6720.JPG

バックスタイル↓
CIMG6722.JPG

反対側の横から見た感じ↓
CIMG6723.JPG

Kangol製ヘルメットというと、天吊りバンドによりヘルメットを深く被れず、
ヘルメットが上過ぎる位置になることがあります。(っていうか、なります)
CIMG6719.JPG

なんとなくそれが格好悪いので、天吊りバンドをカットしているヘルメットを
多く見かけます。
天吊りバンドをカットすると、ヘルメットが深く被れるので
装着スタイルも抜群に良くなります。
※見づらいですが、カットしていない天吊りバンド部分の写真↓
※見づらいですが、真ん中のクロスしている白い布が天吊りバンドです。
CIMG6726.JPG

個人的に愛用しているMeteorやCometも天吊りバンドがカットされているモノがあります。
カットしてある方が確実にカッコ良く被ることができるのですが
1つ注意が必要です。
天吊りバンドをカットすると、頭とヘルメットの接点が少なくなるため、
ヘルメットが滑りやすくなります。
従って、走行中にヘルメットが前に来たり、後ろに行ったりと
凄く気分が悪くなるので、天吊りバンドをカットした場合、
ヘルメットの内部(脳天部?)にスポンジパッドを取り付けて装着することを
強くオススメします。
※天吊りバンドのカットはヘルメットの安全性を無視した仕様となるので
 基本的にはオススメできませんが、50年以上前に製造されたヘルメットに
 安全性を求めること自体、オススメしません。

それにしても、COMETと言うネーミングは洒落てます。
CIMG6725.JPG
バイクで走り去っていく姿を「彗星」に例えているのでしょうか?
更に、METEOR。
直訳すれば、「流星(流れ星)」...いいネーミングです。
Kangolというブランドがファッションブランドに進化していった理由が
なんとなく解るような素敵なネーミングです。
遊び心をくすぐられるようなネーミング等も含め、
古き良きモノ達との出会いを楽しんで行きたいと思います。
CIMG6727.JPG

明日も引き続き、冬の寒さとのことですので
くれぐれも体調を崩さないように、暖かくしてお過ごしください。

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
※ヤフーショッピングサイトもオープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 20:05| Comment(0) | Garage sale! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント