2018年05月18日

HESKETH SUPER JET

今週末の天気は不安でしたが、天気予報では晴れのようです。
日曜日は山中湖というか河口湖というか、とにかくTRIUMPH RIOT が開催されるので
天気が良いのはなによりです。
とはいえ、山の天気は変わりやすく、
過去の経験から午前中は天気が良くても午後になると天気が悪くなる...
ということが多いので、イベントに遊びに来る方はできるだけ早い時間に
会場に来て楽しんでいただくコトをお薦めします。
ちなみに、イベント開始時間は10:00スタートです。

さて、週末バイクでお出掛けという方も多いかと思いますが、
梅雨前の良い季節を楽しみたいモノですね。
で、どうせならバイクと一緒にスタイルも楽しみたいモノ。
と言うことで、週末金曜日に少しだけご紹介させていただきたいアイテムはコチラ↓
IMG_7211.jpg

60s AVIAKIT Super JET
Hesketh racing helmet

1960年代にEveroak社のOEM生産で販売されていた
AVIAKIT Super JETです。
帽体が小さく、ダブルチンストラップが雰囲気満点なヘルメットです。

IMG_7212.jpg

通常、額の部分にAVIAKITデカールが施されるのですが、
このヘルメットには70年代の英国を代表するレーシングチーム「HESKETH」
のマスコットキャラクター「Super Bear」(通称:ヘスケス・ベアー)という
可愛いティディベアデカールが貼られています。
IMG_7213.jpg

ティディベアにヘルメットを被せたキャラクターは最高ですね。
Hesketh racing teamについては長くなりますので割愛しますが、
イギリスらしい面白い会社だったようです。

バックスタイルにも英国マーク。
IMG_7215.jpg

今回ご紹介させて頂いているヘルメットの状態は決してほめられるモノではないのですが、
いいんです。
これはこれで、観賞用というかコレクションですので。

ご存じの方も多いかと思いますが、
AVIAKIT Super JETにはシルバーシェルとホワイトシェルの2種類が
ラインナップされておりました。
シルバーシェルは、額のデカール以外はEveroak Racemasterと内装も同じですが、
ホワイトシェルはRacemasterの赤い内装ではなく、
ゴールドというかブラウンサテンの裏地にブラックのレザー貼りという
シャープなイメージの仕様になっています。
個人的にはホワイトシェルのSUPER JETの方が好みで、
自分のコレクション用にも幾つか所有しています。
IMG_7217.jpg

見づらくて、汚いですがAVIAKIT SUPER JETのインナータグ↓
IMG_7220.jpg

とまあ、ざっと紹介させて頂きましたが、
Vintage helmetは、状態だったり、サイズだったり中々、気に入ったモノとの出会いは
難しい状況です。
また、良い状態のヘルメットはとても気軽には被ることができないような価格だったり
します。
また、そもそもVintage は汚いから被りたくない!と言う方も
少なくないかと思います。

そんな方には、当店で販売しておりますRocketmaster をお薦めします!
Rocket masterはEveroak Racemasterのデザインを復刻しておりますし、
ホワイトシェルの内装はゴールドサテンにブラックレザー。
AVIAKIT Super JETの雰囲気も十分感じさせます。
スクリーンショット 2018-05-18 17.58.41.jpg

また、額のデカール部分に
Hesketh Bearステッカーを貼れば、Hesketh Super JETとしての
雰囲気も簡単に味わうことができます。
スクリーンショット 2018-05-18 18.00.13.jpg

ステッカーカスタムはその日の気分によって楽しめる気軽なカスタムですので
是非、気分転換にステッカーカスタムなどもお薦めします。

Vintage Helmetも大好きですが、
気軽に楽しめる現行モデルも選択しに入れてカッコ良いスタイルを演出して下さい!
IMG_7216.jpg

今週末5/20のTriumph Riotには
Vintage Helmetのご紹介はありませんが、
Rocket master、Rocket CLUB、RocketV、Space Rocket等の
サンプルヘルメットを持ち込む予定ですので、
是非、試着だけでも良いので被り心地やそのスタイルをお試し下さい。

それでは皆様、良い週末を!

※尚、5/20も店舗は営業しております。
 日曜営業TIME _10:30〜18:30

 
GARDE dbms
静岡市葵区両替町2-6.河村ビル1階
電話 054-270-9550
email info@d-lewis.jp
Lewis Leathers ジャケットオーダー受付中です。
オーダーご検討の方は、お気軽にご相談願います。
posted by kei at 19:16| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

AVIAKIT_TRACKSTAR Helmet

猛暑の3連休中日。
とにかく今日も暑いですね。
お店に向かう途中、旧いポルシェに乗ったおじいさんを
見かけましたが、窓全開でした。
きっとクーラーなしで真夏のドライブを楽しんでいるのでしょう。
暑さにも勝る気分を味わえるなんて、
勝手ながら羨ましいな、と思いました。

さて、猛暑の日曜日に少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
CIMG8487.JPG

AVIAKIT TRACKSTER Helmet
1950年代後半から60年代前半にAVIAKITブランドで販売されていた
いわゆるお椀型ヘルメットです。
当時のTTレースなどレースシーンで主に活躍していたヘルメットです。
CIMG8493.JPG

ご存知の方も多いかと思いますが、
当時のLewis LeathersではAVIAKITブランドでいくつかの
ヘルメットを提供しておりました。
中でも有名なのが、Everoak Racemasterと同じデザインで
EVEROAK社がOEM生産していた「SUPER JET」。
コチラはいわゆるJETヘルメットといわれるヘルメットです。

今回ご紹介させていただくTRACKSTERは、お椀方といえば「クロムウェル」
という印象を持つ方も多い「クロムウェル」がOEM生産をしていたヘルメット
になります。

横から見た感じ↓
CIMG8488.JPG

バックスタイル↓
CIMG8489.JPG

英国製ヘルメットは吊天井式で衝撃のショックに対応する仕様になっております。
従って、シェルと吊バンドの間には空間ができる仕組みなので、
装着時は深く被ることができません。
つまり装着すると頭が長くなったような着用スタイルになってしまいます。
そこで、頭が長くなるのが嫌だ、という方は天井の吊バンドをカットして、
深く被る方もいます。
もし、深く被りたくて吊バンドをカットして装着を検討されている方は
吊バンドカット後の後頭部にスポンジパッドなどを必ず付けてください。
スポンジパッドなどで自身の頭部とヘルメットとの接点を作らないと、
バイク走行時にヘルメットが前へ後ろへとずれてしまい大変危険です。

またお椀方ヘルメットといえば、ゴーグルとの相性も抜群です。
CIMG8490.JPG

ゴーグルなら何でもよい、ということではなく、
できればSTADIUMなどのVintage ゴーグルを合わせていただきたいと思います。
ただ個人的にはゴーグル装着時は視界が狭くなるので
あまり好きではありません。
CIMG8491.JPG

なので、ほとんどゴーグルは飾りでちょこんと乗っかってる状態で
目の保護はシェードを装着するという方が多いのみ事実です。
CIMG8492.JPG

というわけで、今回はVintage Helmetの話題を少しだけ紹介させて頂きました。
お椀方ヘルメットはカッコよいのですが、
日本の法律(道路交通法)では、両耳が隠れるヘルメット(JET若しくはフルフェイス)以外では
125cc以上のバイクには乗れません。
従って、お椀方ヘルメットで125cc以上のモーターサイクルに乗車すると
警察に捕まりますので、ご注意願います。

それでは引き続き、充実した楽しい日曜日をお過ごし下さい!


GARDE dbms
http://www.bross.co.jp/cafe/index.html
※Lewis Leathers ジャケットオーダー受付中!
※WEBサイトでもオーダーを承っております。
http://www.bross.co.jp/cafe/online.html

→現店舗営業は2017年7月23日迄。新店舗は8月3日オープンです!
 〒420-0858
 静岡県静岡市葵区伝馬町6-1.SHIZUOKA109 3階
 ※JR静岡駅より徒歩5分
 電話/FAX 054-270-9550 ※店舗移転後も電話/FAX番号は変わりません。
 mail info@d-lewis.jp
 ※水曜日定休

web 
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
※ネット通販をご希望の方は、
 DBMS HP又はヤフーショッピング店をご利用願います。
http://www.bross.co.jp/cafe/online.html




posted by kei at 15:11| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

CYCLONE Horse hide

相変わらず、無駄に忙しくしてたら12月も中半になっていました。
やらなきゃいけないことだらけの中の生活で
一体、今は何をやっているのか?さえわからなくなるときもありますが、
1つ1つ、真面目に取り組んで行きたいと思います。

さて、久し振りのブログ更新となりますが
今日は普段愛用しているレザージャケットを少しだけ紹介します。
最近、愛用してるジャケットはコチラ↓
20161204_142154.jpg

Lewis Leathers Tightfit CYCLONE Horse hide size36

ケータイカメラの撮影がヘタで写真が悪くてすいません。
私が普段愛用しているサイクロンです。
20161204_142248.jpg

当店でLewis Leathersジャケットをオーダー頂きましたお客様の中には
納品までお待たせしてしまっている皆様も多くいるのですが、
今週中に当店オーダーの一部が入荷すると連絡を受けておりますので、
Lewis Leathers JAPANより入荷の連絡が有り次第、
お客様にご連絡差し上げますので今しばらくお待ち願います。

現在、ホースハイドのオーダーを検討されているという方も
多いかと思いますが、ホースハイドの特徴はカウハイドに比べて
皮革がパリッとしている点だと思います。
買うに比べたら、確かに柔らかくはないのですが、
決して堅すぎると言うこともないので、着込むほどに出てくる味も
カウハイドとはまた違った雰囲気を楽しめます。
20161204_142429.jpg
20161204_142230.jpg

バックスタイル↓
20161204_142418.jpg

12月と言っても静岡の冬は、暖かい方だと思います。(たぶん)
バイクではきついですが、
イルミネーション煌めく、12月の街をLewis Leathersを纏って歩くには
十分楽しめます。
是非、今年のクリスマスもLewis Leathersと一緒に
楽しい時間をお過ごし下さい!

それでは、また!
20161204_142210.jpg

※レザージャケットのオーダーは電話・メールでも承っております。
 代金のお支払いはジャケットが日本に納品されてからの
 お支払いとなります。
 (メールでのクレジットカード決済も可能です)

GARDE dbms
http://www.bross.co.jp/cafe/index.html
※Lewis Leathers ジャケットオーダー受付中!
※WEBサイトでもオーダーを承っておりますが、
 現在ショッピングカートが(一部)故障中です。
 オーダー又は商品購入をご希望の方は
 御手数ですがショップまでお気軽にご連絡願います。
〒420-0858
静岡県静岡市葵区伝馬町6-1.
SHIZUOKA109 3階
※JR静岡駅より徒歩5分
電話/FAX 054-270-9550
mail info@d-lewis.jp
※水曜日定休
web 
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
※ネット通販をご希望の方は、
 DBMS HP又はヤフーショッピング店をご利用願います。
http://www.bross.co.jp/cafe/online.html
posted by kei at 18:05| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

60s STADIUM ROCKERS HELMET

あっという間に春の3連休も最終日となりました。
天候は春のぽかぽか陽気というよりは
少し寒い週末でしたが、天気には恵まれたので
お出かけの方も多かったのかな?と思います。
個人的には先週、少し体調を壊したので週末はバイクに乗らず
安静にしていました。
年度末の多忙時期が終わったと思ったら、体調不良...。
なかなかうまくいかないものですが、
今週はTOKYOに出かけてきたいと考えております。

さて、これから迎える本格的な春シーズン。
バイク乗りの方にはやっと気持ちの良い季節がやってきます。
寒すぎず、暑すぎず、このままどこまでもいけちゃいそうな気分を
全身に感じながら、桜の花の下を走り続ける。
この季節ならではの楽しみです。
是非、お気に入りのスタイルに身を包んで
春のドライブを思い切り楽しんでください!

というわけで、今日は拘りのスタイル演出アイテムとして
かっこよいヘルメットを少しだけ紹介させて頂きます。
006.JPG

60s STADIUM Project2
BLACK/SILVER

60年代の英国製ビンテージヘルメットを代表するSTADIUM。
中でも帽体の小ささが特徴的なプロジェクト2です。
001.JPG

いわゆるJETヘルメットとして
レース用とかではなく一般ライダー向けに販売された
ヘルメットになります。
このヘルメット登場前といえば、いわゆる「おわん型」といわれるヘルメットが
主流でしたが、
当時のモーターサイクルブームの中、
レースなどで使用されたEVEROAK RACEMASTERなどの登場により、
JETヘルメットの人気が高まり、
多くの若者たちに支持されたヘルメットです。

横から見た感じ↓
003.JPG
005.JPG
バックスタイル↓
004.JPG

シンプルなネックストラップ部↓
007.JPG
内装は英国らしさを存分に漂わせるレッドクロス。
吊り天井式とのバランスがシンプルでかっこよい。
009.JPG

帽体が小さなプロジェクト2は70年代に入り、当時の英国の安全基準をクリアできず、
販売終了となり、プロジェクト4へと進化して当時販売されていたハーフジェット型の
プロジェクト3とともに残念ながら姿を消していきます。
プロジェクト4もかっこよいヘルメットではありますが、
やはり帽体の小さなプロジェクト2は現代でも数多くのファンから
支持されるかっこよい伝説のロッカーズ・ヘルメットといえます。

ちなみに、弊社dbmsでは、当時のハーフジェット型ヘルメットの
プロジェクト3の復刻版ヘルメットとして
RICKETVというモデルを販売しております。
010.JPG

60年代の古き良きスタイルをお探しの方は
是非、現代に復刻されたROCKETVもご検討ください。

ちなみに...
まだ開発段階ではありますが、今シーズンも新しいタイプの
復刻版ヘルメットを販売予定です。
詳細についてはもう少し時間がかかりますが、
とりあえず、60-70年代のロッカーズ&モッズスタイルが好きな皆様に
新しい選択をご提供させて頂きたいと考えておりますので
今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。

それでは、3連休最終日となりますが、
引き続き、良い休日をお過ごしください。

それでは、また!

GARDE dbms
〒420-0858
静岡県静岡市葵区伝馬町6-1.
SHIZUOKA109 3階
※JR静岡駅より徒歩5分
電話/FAX 054-270-9550
mail info@d-lewis.jp
営業時間 12:00〜20:00
※水曜日定休
web 
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
※DBMS楽天市場店は営業終了いたしました。
 ネット通販をご希望の方は、ヤフーショッピング店をご利用願います。

posted by kei at 17:27| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

STADIUM PROJECT 4

今日も相変わらず暑くて汗だくではありましたが、
すっかりお盆休みムードな1日でした。
お盆休みといえ、お盆時期ならではの忙しさに
追われている方もいるかと思いますが、
兎に角、充実したお盆休みをお過ごしください。

さて、今日少しだけ紹介させて頂きたいアイテムはコチラ↓
CIMG6742.JPG

70s STADIUM PROJECT 4【後期タイプ】

英国製Vintage Helmetの中でも有名なStadium Project4。
Project4と言えば、60年代後半に英国の安全基準が厳しくなって
当時販売されていたProject2や3に比べて、
帽体が大きくなって新登場したMotorcycle Crash Helmetです。
販売された当時の多くは北米出荷も多く、
バイク用としてだけではなく、スキー用、スノーモービル用等も
販売されていたようです。
今回ご紹介させて頂くタイプは、俗に言う「後期タイプ」。
大きすぎた帽体も前期型に比べてかなり小さくなり、
スリムなシルエットになっております。
また、2トーンフラッシュカラーから
1カラーとなったシェルカラーも大きな特徴の1つです。

更にラバー製のセンターストライプデザインのため、
STADIUMロゴステッカーがサイド面に施されているのも
後期型の大きな特徴です。
CIMG6744.JPG
CIMG6746.JPG

上の写真でもわかる通り、
シンプルなシェルデザインにチェッカーラインテープや
お気に入りのデカールで自分好みにデコレーションをしている
ヘルメットも多く見かけます。
CIMG6743.JPG

スッキリとしたネックパッド部↓
CIMG6745.JPG

内装は前期型と同じくファブリックタイプのため、
経年劣化による色褪せや破れは仕方無い...ポイントです。
CIMG6747.JPG

お馴染みのStadium インナータグはヘッドバンド部に縫い付け。
CIMG6748.JPG

サイズ表記は「1」なので
55〜56cmと小さなヘルメットですが、その分帽体が小さくて
かなり格好良いヘルメットです。
CIMG6749.JPG

Stadium Project 4が好きだけど、
帽体の大きさが気に入らない、と言う方は是非、後期タイプも
ご検討してみてください。
CIMG6751.JPG

まだまだ暑い日が続いて行きそうではありますが、
音盆休みという方は充実した夏期休暇を、
お盆休みなんて関係ないと言う方は兎に角、充実した時間を
お過ごしください。

それでは、また!

70s STADIUM PROJECT 4【後期タイプ】
※8月限定でお値引き受付中!お気軽に店舗までお問い合せください。

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 19:27| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

70s Vintage 391 LIGHTNING

案の定、静岡市内は猛暑の土曜日になっています。
今日から少し暑さも和らぐようなコトも言っていた気がしますが
暑いです。
今日はお店の窓を洗いました。
汗だくになったけど、海がとても綺麗に見えて気持ちよくなりました。

さて、今日は先日ご紹介させていただきました
70年代前半の391 Lightning販売情報を改めて紹介します。
IMG_4898.JPG

暑い時期にレザージャケットってあまり考えたくないという方も
いるかと思いますが、
1点モノのVintageジャケットはまさしくこの時期が買いです。
秋冬になるとどーしても価格が高くなるので
少し早いですが、この時期に今シーズンのファッションのコト、
少し検討してください。

今回ご紹介する391 LIGHTNINGは英国を代表するといっても過言ではない
ロンジャンのド定番ジャケットです。
IMG_4915.jpg

ダブルプレステッドに両胸に入るボールチェーンジップポケット、
2本のウエストアジャスターベルトがフロントに回りこむ特徴的なロンジャンスタイル。
そして、レッドキルティングコットンが映えるインナー。
定番ゆえに現代でも高い人気を誇っております。

IMG_4900.JPG
IMG_4902.JPG
IMG_4901.JPG
IMG_4903.JPG
※詳しくは、以前紹介したブログを参考願います。

1点モノですので、気になる方はお早めにご連絡願います。

それでは、まだまだ暑くなりそうな週末ではありますが
楽しい夏の週末をお過ごし下さい。

70s Lewis Leathers 391 LIGHTNING
size 38(タグ表記)
肩幅:44cm
身幅:49cm(胸囲98cm)
着丈:58cm
袖丈:64cm
裾幅:44cm
※平置き採寸になります。
※販売価格はお気軽に店舗までご連絡願います。
 DBMS cafe&clothing
 電話 054(256)1203
 mail info@d-lewis.jp

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 12:38| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

AVIAKIT SUPER JET 70s Decoration

1月もあっという間に20日を過ぎます。
正月ボケでのんびりペースで過ごしてつもりは無かったのですが
あっという間に月末がやってきます。
個人的にはまだまだ努力が足りていないと思う今日この頃です。

さて、本日少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
IMG_3491.jpg

60s UK Vintage Helmet
AVIAKIT SUPER JET
IMG_3498.jpg
ご存じの方も多いかと思いますが、当時、AVIAKIT(D.Lewis社)が
EveroakにOEM生産を依頼して製造されたモーターサイクルヘルメットです。
従って、デザイン等はEveroak Racemasterとほぼ同じなのですが、
唯一、異なる点として
ホワイトシェルカラーのライニング(内装)レザーカラーがブラックカラーという点。
ライニングクロスがゴールドカラー。
個人的に、ここは大きなデザインポイントだと思っています。
ちなみに、シルバーシェルはEveroak Racemasterとほぼ同じデザインとなります。
(ホワイトレザー+クロスカラー:レッド)

弊社オリジナルとしてラインナップしておりますRocket Masterも同様に、
ホワイトシェルのライニングカラーをブラックレザー+クロスカラー:ゴールド
(クロスカラーはレッドも選択可能です)
にう拘って制作しております。

今回ご紹介させていただくSuper JETは、70年代の雰囲気バッチリ。
特に額のデカールは、AVIAKITからオリジナルのヘスケス・ベアーステッカーに変更されてる点。
IMG_3493.jpg

フルフェイスを被ったティディーベアマークといえば
英国貴族ヘスケス卿のプライベートレーシングチームのマスコット。
以前何かで調べた際に、動物愛護の意味もあるマークらしいのですが
詳しくは知りません。
また、リアのレッドクロスも英国らしさ満点です。
IMG_3495.jpg

シェルの状態や内装などお世辞にも良いとは言えない状態ですが
少しずつ味を残しながらキレイにしていきたいと思います。
IMG_3492.jpg

余り共感されることがないヘルメット・コレクションですが
飽きることなくこれからも少しずつ楽しんで行けたらと思っております。
IMG_3496.jpg

それでは、寒い日が続いておりますので
くれぐれも体調に気をつけて日々充実した時間をお過ごしください。

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
※ヤフーショッピングサイトもオープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 19:13| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

STADIUM Project 3

ここのところ寒暖差が激しい日が続いてます。
台風一過の火曜日は夏の陽気。
昨日の水曜日は一気に冬!
おかげで今朝は富士山にキレイに雪が積もってました。
比較的今日は暖かな一日でしたが、
季節の変わり目ですので、くれぐれも体調を壊さないよう
気をつけて日々お過ごしください。

さて、最近ヘルメットの話題が多くなってきておりますが、
懲りずに今夜もヘルメットについて少しだけ紹介させて頂きます。
今夜ご紹介させていただくヘルメットはコチラ↓
IMG_3010.jpg

STADIUM PROJECT 3
1970年代後期型モデル
size 3
color Blueメタリック


ジェットヘルメットタイプなのに、バイザーピークが付く
ちょっと可愛いヘルメットの印象があります。


Project 2からの派生モデルとして、
1960年代より70年代にかけて販売されたヘルメットです。

今回ご紹介するProject 3は、よく見かけるツートーンカラーではなく、
ブルーメタリックです。
年代としては70年代に販売されていた後期型になります。

額のStadiumデカールはプリントカラーが抜けて
影のようになっていますが、
よく見るとうっすらプリントも見えます。
IMG_3011.jpg

帽体シェルは、Project 2同様に小さく、非常にカッコ良いシルエットです。
一見、P-2殿違いはバイザーピークのある・なしだけにも思えますが
実際は、P-3はP-2よりもシェルの作りが浅く、
ハーフジェットタイプになります。
浅いシェルというスタイルからか、スクーター用とかモッズ用ヘルメットとも
言われます。

浅いシェルと言っても、きちんと耳をカバーしているので
大型バイク乗車時に着用しても交通違反にはなりません。
(ハーフキャップタイプなど、耳をカバーしていないシェルデザインの
 ヘルメットは、原付バイク以外のバイク乗車は違反となります)

バイザーピークが大きな特徴ではありますが、
たまにピーク無しのP-3も存在します。
ほとんど、ピーク無しのP-3は、Project 2として販売されていますが
インナーラベルにはきちんとProject3のタグが付いています。
個人的にはピーク無しのP-3も大好きなヘルメットです。

小さなシェルがカッコ良い。
IMG_3016.jpg

横から見た感じ↓
P-2に比べてシェルが浅いのがわかります。
IMG_3015.jpg

バックスタイル↓
IMG_3014.jpg

チンストラップは後期型になるとナイロンになります。
P-2、P-3、P-4等全般的に言えますが、
前期型のレザー製チンストラップは、破損してるのが多く、
長く使うのなら、ナイロン製がよいと思います。
IMG_3018.jpg

バイザーピークの裏側↓
変なスジみたいなのが入っていますが、コレもオリジナルのポイントの1つです。
IMG_3023.JPG

サイズ表記は「3」
大体、58cm〜59cmのサイズになります。
IMG_3019.jpg

ボンドでピタと付けてあるだけのインナーラベル↓
P-2も同様なのですが、
コレが取れてると少々残念な気分になります。
IMG_3020.jpg

今回ご紹介しているヘルメットは販売もしておりますが
後頭部に落下した際にできたであろう傷があります。
安全性も考慮している方は、そもそもこのようなヘルメットは購入しないと思いますが
スタイル重視という方は
お気に入りのステッカーなどで傷隠ししてしまえば
なんてことない傷だと思います。
(くどいですが、安全性の保証はできません)
IMG_3024.jpg

ヘルメットをアクセサリーとして楽しむ方が増えて来ているようです。
スタイル重視も重要ですが、
現代の安全基準をクリアしていないヘルメットになりますので
それでも着用するという方は、くれぐれも安全運転を心がけて楽しんでください。
IMG_3017.jpg

早いモノで明日は週末金曜日。
2週続けて台風に邪魔されていた週末ですが今週末は
天気が良いみたいですね。
今週こそは秋の行楽日和になりそうな感じですので
貴重な秋の週末を存分に楽しんでください!

それでは、また!

STADIUM PROJECT 3
1970年代後期型モデル
size 3
color Blueメタリック


DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 20:37| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

Everoak Racemaster helmet

台風一過の静岡市はちょっとした夏でした。
日差しも暑く、Tシャツ1枚で十分な陽気でした...
今は秋。
これからの貴重な週末&休日が雨で流れてしまわないことを
心から願います。

さて、今夜はサッカー日本代表戦をテレビ観戦したいので
ちょっと早めにブログ更新。
と言うことで、今夜ご紹介したいアイテムはまたしてもヘルメット。
しかも販売用というわけではないコチラです↓
IMG_2881.jpg

UK ヘルメットに詳しい方ならお解りかと思いますが、
Everoak Racemasterの復刻版です。
IMG_2884.jpg

このヘルメットは、数年前ロンドンのEveroakで少量復刻生産された
正真正銘のEveroak社製。
当時は、£350(日本円で¥70,000ちょっと+送料+税金)で販売されてました。
Everoak好きの私は、確か15個仕入れたのですが
あっという間に完売してしまった経緯があります。

今回紹介するヘルメットはそのうちの1個なのですが、
サイズ表記7 3/8(58cm)なのに対して、
実際のサイズは55cm程度と小さく、ディスプレー用となっている商品です。

どーでも良い話ですが、
現在、英国Everoak社では、新たに復刻レプリカを販売しているのですが
現在の販売価格は、£695〜£795(¥140,000相当)。
とても購入できる価格ではありません。
まあ、趣味で製作している商品みたいなので仕方無いですね。

スタイルは、後期型(現在の復刻レプリカRacemasterも後期型です)
しかし、額のデカールはビクトリーデカールが付いています。
IMG_2882.jpg

内装も後期型スタイル。
IMG_2883.JPG

やはりRacemasterはシェルの形がカッコ良い。
IMG_2885.jpg
IMG_2886.jpg
IMG_2887.jpg

残念なのは、チンストラップバックル。
私も世界中で探したけど、当時モノは存在しないので作るしかないのですよね。
IMG_2888.jpg
ちなみに、復刻レプリカRacemasterも同様のバックルが付いてました。

当店では、Racemasterをモチーフとして製作したRocketmasterがあります。
もちろん、どちらも現代の安全基準を満たしているヘルメットではないので
基本ディスプレー用での販売となりますが、(英国の復刻レプリカRacemaster同様)
拘りのスタイル演出アイテムとして是非、ご活用ください。
IMG_2892.jpg

2週連続での台風に少々懲りましたが、
秋シーズンはまだ続きます。
とはいえ残り少なくなってきた感もありますので、
貴重な気持ちの良い秋シーズンを存分に楽しんでいきましょう!

それでは、また!

※10月26日(日)山中湖で開催されるTRIUMPH RIOTでは
 ROCKET Helmet各種の展示販売を予定しております。
 当日会場にお越しの方は、DBMSブースにもお立ち寄りください!
IMG_3009.jpg

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 18:34| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

Vintage Motorcycle Gloves.

あっという間に9月も半ばを過ぎました。
まだ日中は暑い日が続いていますが、
季節は秋です。
気持ちの良い季節を思う存分に楽しみましょう!

さて、連休明けの火曜日に少しだけ紹介させて頂きたいのは
バイク乗りには消耗品と言っても良いレザーグローブ。
現行Lewis LeathersのグローブやMBRのチェッカーガントレットの
カッコ良いグローブでバイクを楽しみたいモノです。
と言うわけで、今が旬なレザーグローブなのですが
本日ご紹介させていただきたいのは現行モデルではなく、
マニアックなVintage Gloves。
機能性や操作性を重視するならオススメできるアイテムではありませんので、
余り役に立たない情報と言う前提で紹介させて頂きます。

Vintage Lewis Leathers Glovesの中でも有名なKestrel 665-1
kestrel665-1IMG_2825.jpg

手の甲部分にV字型のリフレクターが付くモーターサイクル用グローブです。
665-1は手首部分が短く、主に春〜夏用グローブです。
手首部分にはアジャスターストラップが付いており、装着時のフィット感を高めると共に、
スポッと抜けてしまわないようになっております。
また、英国製グローブによく見られるスナップボタンにプリントされたマーク。
機能性とか全く関係ないのですが、これがカッコ良い。
IMG_2827.jpg
ちなみにライニングはボアタイプ。
汚い写真ですいません。
クリーニング無しで使用するのは躊躇する状態ですが、
私は使用しないのでこのままで飾っております。
IMG_2828.JPG

ちなみに手首部分が長くなったタイプが
Kestrel 665-2モデル。
コチラも有名なグローブです。
手首部分が長くなっている分、秋から冬用モデルになります。
kestrel 665-2IMG_2840.JPG
手首部分が長くなっているため、
アジャスターストラップが2本になります。
全体的に、665-1に比べてバランスが良くカッコ良いグローブです。
IMG_2841.JPG

続いて、コチラもVintage Lewis Leathers glovesとして
ポピュラーモデルのStrapper glove 88↓
strapper grove88IMG_2833.JPG

手首あたりに1本リフレクターが付くグローブです。
手のひら側↓
IMG_2830.JPG

コチラもストラップが2本付くタイプ。
そして、スナップボタンにはお気に入りのあのマークが付いてます。
IMG_2831.JPG

ライニングはコチラもキレイとは言えない状態ですが、
まあいいです。
装着するときは、インナーグローブとか軍手とかしてから装着します。
IMG_2832.JPG

最後に現行モデルでも販売されている人気モデル。
Zipper glove 694
zipper694IMG_2835.JPG

モーターサイクル用とは思えないほどスリムでカッコ良いグローブです。
コチラのモデルは現行Lewis Leathersでの復刻販売がありますので
気になる方は現行モデルの新品をご購入ください!
IMG_2836.JPG

ちなみに、このグローブはデットストックなのでライニングもキレイです。
IMG_2837.jpg

最後に、Lewis Leathersではないのですが、
英国製グローブの中でも人気ナンバー1ではないかと言えるGOLDTOP↓
IMG_2842.JPG
IMG_2843.JPG
IMG_2844.JPG
個人的にも大好きなメーカーです。
そして、昨年英国で復刻モデルが誕生したと言うことで、
今シーズン当店でも入手したいアイテムの一つです。

長々と役にも立たないVintage Glovesを紹介させて頂きましたが、
装着性や機能性を求めるなら、断然、現行モデルがオススメです!
Vintageモデルはあくまでもマニアックなアイテムとなりますので
好きな方はメンテナンス共々、観賞用としてお楽しみください。

ちなみに、Vintageアイテムのメンテナンスにもオススメなのがコチラ↓
IMG_2846.jpg
100% Horse Oil
MUSTANG PASTE 100
price 1個:¥2800+tax(税込¥3,024) 2個セット:¥5,600+tax(税込¥6,048)
※2個同時購入以上でドイツ製ブリストルブラシ1本サービス!(先着10名様限定)
 送料無料


秋の夜長、
マスタングペーストでお気に入りのレザーアイテムのメンテナンスをお楽しみください。

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/

posted by kei at 20:29| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

Rockers Helmet

昨夜の話。
夜10時頃、会社から出ると風が強くて少し寒い。
思えば、8月も残すところあと僅か。
気づかぬうちに夏が終わっていたのでしょうか?
まあ、どうでもいいですけど、
急激な気温の変化で体調を壊さぬよう十分気をつけてください。

さて本日も個人的な趣味を少しだけ紹介させて頂きます。
本日紹介させて頂きたいアイテムはコチラ↓
IMG_2763.jpg

1960s Rocker helmet
Stadium Project 2 Blue Flash

ご存じの方も多い帽体が小さな人気ヘルメットです。
格好良いヘルメットなのですが、
現代の安全基準とはほど遠い作りになっているので
安全性は全く補償できません。
それでも、被りたいという方はくれぐれも安全運転で、
スピードの出し過ぎには十分注意してください。

IMG_2758.jpg

IMG_2760.jpg

IMG_2762.jpg

IMG_2761.jpg

このカッコ良いヘルメットですが、欠点があります。
1つは、内装仕様が布製のため、装着使用による経年劣化でオリジナルの内装クロスが
破れているヘルメットが多い。
運良く破れていなかったとしても、使用しているウチにあっという間に破けます...
そんな場合は、破れた部分にあて布などで補修して使用することをオススメします。
(あて布補修なら外からは見えないです)

もう一点は、シェル内部クッション材と使用されているスポンジ劣化によるスポンジカス。
コレは仕方無いと諦めた方が良いです。
「今に出尽くすだろう...」と思っていても
シェル内側にびっしりと張り込まれたスポンジはそう簡単に出尽くしません。
どーしても気になると言う方は、思い切って内装材を止めているリベットを外して、
内装リペアしかありません。

よくお客さんなどから「英国製ヘルメットはリペアできないのか?」という問い合わせを
受けるコトがあるのですが、
個人的な意見として、内装リペアは可能だと思います。
モチロン、当時の材料・素材で完璧に復元することは不可能ですが、
代用品を使って内装リペアは可能です。
しかし、英国製ヘルメットのリペアを行っているショップは余り見かけません。
では、何故か?
元々、利用者が少なく商売ベースにならない、と言う点もあるかと思いますが、
別の原因として、リペア時にヘルメットのシェル破損というリスクがあります。
EveroakやStadiumなどの英国製ヘルメットは俗に言う「吊り天井式」の
内装仕様になっています。

IMG_2766.jpg

ココがポイントで、
内装部分をパカッと外してキレイなモノに差し替えると言うことができなく、
シェルに打ち込まれたリベットを外して内装部分を外します。
そして、ココが問題。
シェル自体が劣化していることもあり、リベットを外すときにシェルが割れてしまうことが
あります。
自分のモノならともかく、リベット取り外し時にお客様の大切なヘルメットのシェルが
割れてしまう危険性が高い。
どんなにキレイな内装に生まれ変わったとしても
外装シェルに割れがあれば、強度はモチロン、見た目もがっかりです。

「大切にしたいヘルメットだから、キレイに直して使いたい」
と思う気持ちは十分過ぎるほど共感します。

できれば、リペアをして長く使いたいモノですが、
ヘルメットも消耗品と捉えて、古くなったら新しいモノを利用する。
そして、今まで使っていたモノは
ガレージ・コレクション等、ディスプレーとして活用するのもオススメです。

IMG_2759.jpg

個人的に大好きな英国製Vintage Helmet。
復刻モデルという形ではありますが、古き良きデザインを継承する形で
これからも微力ではありますが
拘りのヘルメットを届けていきたいと思います。

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 22:15| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

1960s D.Lewis BRONX

あっと言う間に週末金曜日。
静岡市街では「静岡おでんフェスタ」なるイベントが今日から開催です!
このクソ寒い中、屋外でおでんなんか食べてる場合ではないと思うのですが、
おでん好きな方にはオススメなイベントですね、きっと。

さて、週末金曜日に少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
IMG_0725.jpg

1960s D.Lewis BRONX
私物コレクションのVintage Lewis Leathersジャケットです。

IMG_0734.JPG
Vintageといえば聞こえがよいですが、
製造から50年ほど経っているレザージャケットですので
それなりに傷みもあります。
まあ、それも味として捉えて愉しむのも良いと思いますが、
現行Lewis Leathersジャケットとは別物として認識して
ガンガン着て愉しみたいのであれば、現行ジャケットをオススメします。

このジャケットには2枚のパッチ(ワッペン)がデコレーションされております。
1つは、Dポケットの部分に「isle of man TT」
IMG_0742.JPG

そして、もう一つは右肩部分に「Brands hatch」
IMG_0743.jpg

どちらも当時の雰囲気を感じさせる格好良いパッチです。

センタージップはLIGHTNING↓
IMG_0744.jpg

もちろんダブルジップです。
IMG_0727.jpg

写真ではよく分かりませんが、ボールチェーンも全てLIGHTNINGです。
IMG_0741.JPG

ライニングは比較的キレイ?↓
IMG_0738.JPG

革は柔らかシープですので、ダメージを受けやすいけど、
コレクションアイテムなので気にしません。
お約束の襟元ピンバッチ跡↓
IMG_0731.jpg

革素材(シープ)とはまったく関係ないですが
コチラもお約束の袖口ライニング↓
IMG_0736.JPG

ジャケットのサイズは36-38程度。
オイルメンテの後、試着してたら、右腕裏側の縫製が切れた...
IMG_0735.jpg

↑Vintage Jacketはこの部分が非常にダメージを受けやすい箇所だと思います。
まあ、こんなコトは直せばいいんですけど。

60年代のD.Lewis BRONX。
Lewis Leathersを代表するジャケットですので、味でまくりではありますが、
大切にコレクションアイテムとして愉しませて頂きます。

※右腕裏側の縫製修理が完了したら、Garage Sale!として
改めてご紹介させていただきます!
IMG_0739.jpg

明日は全国的に激寒の予報が出ています。
雪の影響もあるかと思いますので、お出掛けを予定している皆様は、
天気予報や交通情報なども気にかけて、お出掛けください。

それでは、寒いながらもよい週末をお過ごしください!

DBMS CAFE&CLOTHING 週末&祝日営業時間のご案内
 2月 8日(土) 11:00〜18:00
 2月 9日(日) 11:00〜18:00
 2月10日(月) 12:00〜20:00
 2月11日(祝火)11:00〜18:00 ※祝日営業
 2月12日(水) 定休日
 2月14日(木) 12:00〜20:00

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
※ヤフーショッピングサイトもオープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 20:02| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

I like CYCLONE.

今日は全国的に寒いらしく、静岡市内も朝から凄く寒いです。
こんな日は熱々のラーメン喰って帰りたい!ッて思うわけですが...
結果はいつもの居酒屋でいつものヤツ...なんだよね。きっと。
毎週、金曜の夕方になると「原発再稼働反対」みたいな団体の歌が始まるのですが
寒さに負けずに今夜も元気に歌ってました。
いつもは20:00まで行っているのですが、さすがに今日は寒いのか?19:30で終了。
原発再稼働反対の主張も大切ですが、
風邪を引いたらせっかくの週末が台無しですからね。
くれぐれもお身体ご自愛ください。

さて、寒い週末金曜日に少しだけ紹介したいのは昨日に引き続き、
私物のレザージャケットです。本日はコチラ↓
IMG_0273.jpg

70s Lewis Leathers CYCLONE
(非売品 Collection Jacket)

現行モデルも人気が高いジャケットですが、70年代CYCLONEの人気は別格です。
個人的にレザージャケット等はロンドンから輸入しているのですが、
CYCLONEだけはLONDONでも非常に高額で取引されています。
まあ、日本人向けっていえばそうなのかも知れませんが、
LONDONでは、 size36をXS、38をS、40をM、て感じのサイズ感なので、
日本人向きの36とか38ってのはモノ自体が少ないのでしょうね。

今回ご紹介させて頂いているCYCLONEはsize36。
ロンドンで言うところのXS。
確かに実寸サイズは36ですが、個人的には非常に着易いサイズです。

IMG_0267.jpg

今まで70年代のCYCLONEを数着所有してきましたが、
革質であったり、表記サイズと違ったサイズ感だったりするジャケットが多い中、
このCYCLONEは革質も良く、大変気に入っています。
IMG_0268.jpg

更に、BLACK Leatherの随所に味が出ており、
自己満足ではありますが、Vintage Jacketとしての雰囲気も良い感じです。
IMG_0274.jpg

IMG_0271.jpg

IMG_0272.jpg

バックスタイル↓
IMG_0275.jpg

写真ではキレイに見えますが、
近くで見ると...
IMG_0276.jpg

個人的にはこんなトコも大好きです。
普段切るなら現行ジャケットをオススメすることには変わりはありませんが、
たまにはVintage Jacketで格好つけるのも悪くないです。
IMG_0281.jpg

個人的に昨年秋からラインナップに加わったホースハイドのCYCLONEをオーダーしているのですが、
現在のオーダー納期から手元に届くのはいつになるのか?未定です。
手元に届きましたら、着用感などをご紹介させて頂きたいと思っております。

私は普段現行モデルの36を着用していますが、
ちょうど良い感じです。(自己満足?)
20140110_165524.jpg

20140110_165637.jpg

※今回ご紹介させて頂いたCYCLONEは非売品です。
販売価格は高額になりますが、販売用のCYCLONEもありますので
70s CYCLONEをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。
(くどいですが、まだまだCYCLONEは高いです...)
70s CYCLONE...SOLD OUT

成人式のおかげで、明日から3連休ですね。
寒そうな週末ですが、充実した休日をお過ごしください!
そして、新成人の皆様、おめでとうございます!
それでは、良い休日を!

DBMS CAFE&CLOTHING 週末営業時間のご案内
 1月11日(土) 11:00〜18:00
 1月12日(日) 11:00〜18:00
 1月13日(祝月)11:00〜18:00

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
※2014年1月より、ヤフーショッピングサイトも再オープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/


posted by kei at 20:14| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

Riders Jacket

まだ正月気分が抜け切れていない今日この頃ですが、
週末は3連休とのこと。
成人式にはまったく関係ないという人たちまで祝日となるってのは
どうなんだろう?と毎年思うわけですが、
とりあえず、成人式を迎える皆様。
新成人おめでとうございます!
これからの日本のために、大いなるご活躍を期待しております!

しかし、そんな週末3連休は凄く寒いとのこと。
そんな風に言われると出かける意欲もなくなりそうですが、
寒さに負けず、レザージャケット着て格好つけて出かけましょう!
バイクに乗る方はレザージャケットだけでは寒いと思いますが、
街着としてなら十分対応可能だと思います。(地域によるのかも知れませんが...)
是非、Lewis Leathersで格好つけてお出掛けを楽しんでください!

さて今夜は、私物のライダースジャケットを少しだけ紹介させて頂きます。
今夜紹介させて頂きたいジャケットはコチラ↓
IMG_0189.jpg

Lewis Leathers CORSAIR Style No.60
※現行レギュラーモデル
※size 36
※新規オーダーの場合は、消費税率 8%設定となります。
¥133,000+tax8% =税込¥143,640-

シンプルな襟付きシングルジャケットです。
現行モデルではレギュラーモデルとタイトフィットモデルがラインナップされておりますが、
私の愛用しているCORSAIRはレギュラーモデルになります。
(購入時はまだタイトフィットモデルがラインナップされていませんでした...)
当初はタイトフィットモデルのみ左腕にコインポケットが付く仕様でしたが、
現在ではオーダー時にコインポケットの有無を選択することができます。

襟付きシングルジャケットと言うと、
CORSAIRのほかにDOMINATORも人気が高いジャケットです。
御客様のオーダーとかを見てみますと...
CORSAIRを選ばれる方はブラックカラーが多いのに対して、
Dominatorはカラーモノを選ばれる御客様が多い(勿論ブラックカラーが一番多いですけど)
と感じます。
自分の好きなジャケットを作り上げていく課程でカラーモノという選択も楽しいと思いますし、
シンプルなブラックレザージャケットを自分だけの1着に仕上げるというのも楽しいですね。
いずれにせよ、シンプルなジャケットが自分だけの一着に仕上がって行く課程は、
自己満足の世界かも知れませんがたまらなく楽しいモノです。

シンプルなバックスタイル↓
IMG_0193.jpg

いつも襟を立てて着用しているので、後ろ襟には折り目がありません。
IMG_0192.jpg

少しずつ自分の着用スタイルにあわせて馴染んできた革は最高です。(自己満足)
IMG_0194.jpg

シンプル故に左胸のLewis Leathersのウイングマークロゴが映えます。
IMG_0190.jpg

街着としても十分カジュアルに楽しめるジャケットですが、
やはり、ライダース・ジャケットにはバイクが似合います。
IMG_0191.jpg

ロッカーズスタイルではなくても、TRIUMPHにはLewis Leathersが似合います。
お気に入りのUK STYLEを決めるなら、Lewis Leathersを選んでください。
IMG_0200.jpg

IMG_0205.jpg

当店にてLewis Leathersジャケットをオーダー頂いておりますお客様へ。
2014年1月9日現在、昨年7月にオーダーを頂きましたお客様のジャケットが一部納品されている状況です。
7月以降、オーダーを頂きましたお客様のジャケットにつきましては、
Lewis Leathers JAPANに納品され次第、当店より御客様にご連絡させて頂いております。
大変お待たせしており誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ち願います。

尚、今月よりLewis Leathers ジャケットをオーダー頂くお客様には、
4月以降の消費税率変更に伴い、消費税率を8%に変更させて頂いております。
12月までにオーダーを頂きましたお客様につきましては、4月以降の納品の場合でも
消費税差額分を当店にて負担サービスさせて頂きます。
※今月以降のオーダーで3月中に納品できた場合は、消費税差額分(3%)を納品時に返金させて頂きます。

それでは、週末3連休まであと一日。
2014年のスタートとなる1週間の締めくくる充実した時間をお過ごしください。

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/715321/

※2014年1月より、ヤフーショッピングサイトも再オープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/








posted by kei at 19:28| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

60s Lewis Leathers BRONX No.384

毎日寒いわけですが、今日は昼過ぎから雨が降り、
いつもより寒く感じます。
で、雨が降ったからと言うわけではないのですが、
今日は出社してからずっと会社の中で過ごしています。
気晴らしにコーヒーでも飲みに行こうかな?とも思いましたが、
気がつけば、まもなく18:00...
今日はどこにも出かけずにウチに帰ろうと思います。

さて、どこにも出かけたくないような日は
レザーメンテなどがオススメです。
といっても、やたらオイルを塗りまくるってのは良くないので
オイルが十分入っているならブラッシングしたり、
お気に入りのブーツなんかと一緒にメンテナンスするのも
効果的な時間の過ごし方ではないかと思います。

ということで、今日ではないのですが
先日メンテしたVintage Jacketを少しだけ紹介させて頂きます。

IMG_0021.JPG

D.Lewisタグが付く60年代のBRONX。
アメリカンスタイルをモチーフに1956年に登場したLewis Leathersを代表する
ジャケットです。
CYCLONEやLIGHTNINGに比べるとシルエットがスッキリしていない気もしますが、
BRONXには風格というか威厳を感じさせる特別なジャケットだと思います。
今回ご紹介させて頂いているジャケットはタグから分かる通り、60年代のジャケットになります。

IMG_0025.jpg

今年が2014年なので約50年前のジャケットということですね。
しかもどこかに飾られていたわけではなく、
当時から愛用されていた形跡も襟元のピンバッチ跡やパッチなどから想像されます。

IMG_0027.jpg

IMG_0028.jpg

IMG_0029.jpg

フロントのセンタージップはLIGHTNING↓
IMG_0022.JPG
ジッパーは交換されているかと思いますが、
ダメになったパーツは雰囲気を壊さないパーツで交換して着続けるというのも
正解だと思います。

実は、このジャケットを先日レザーメンテナンスをしてたとき、
いい感じに仕上がってきたので、
ジャケットを纏ってみました。
サイズは36-38程度(size36ということで購入したけど、サイズ表記がなく実測36-38くらい)
個人的にはジャストな感じに満足しながら鏡の前に立って、
腕を動かした瞬間、右腕の内側から「パチパチ」って感じの音が...
右腕内側の縫製部分がほつれてぱっくり穴が空いてました。

Vintageジャケットではよくあることなので、仕方ないと諦めて
とりあえず、ほつれてしまった部分はお直しに出すコトにしました。
着用するならやっぱり現行ジャケットがオススメです。

レザーメンテをしていると、ほつれている部分ややばそうな部分を見つけてしまうことも
あるかも知れませんが、
後世に残す役割を担っているオーナー様は、きちんと修理して次の世代のオーナーに
引き継ぎましょう!

IMG_0032.jpg

今夜は雨降りで残念な夜ですが、
雨にも負けず充実した楽しい時間をお過ごしください!

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/

※2014年1月より、ヤフーショッピングサイトも再オープンしました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 18:02| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

KANGOL WHITE METEOR

予想通り、今日は寒い一日でした。
天気は良いのですけど、風が強くて冷たい...
根性なしのため、今日はバイクに乗らず、お店に引きこもり状態でしたが
このクソ寒い中、たくさんの御客様にご来店頂き、
嬉しい限りです!
(ちなみに、バイクでお越しの方は一人もいませんでした...)
寒くて、何処にも行きたくないという方は、
コーヒーでも飲みに是非、遊びに来てください。

しかし、こう寒いと外に出たくなくなります。
そんな時、オススメなのはレザーのオイルメンテナンス。
いつかやろうと、思ってはいるけどなかなか手を付けていないという方は
寒さにかこつけて、部屋の中でメンテナンスを楽しみましょう!
当店オススメは、マスタングペースト。
気がつけば在庫が少なくなってきてきたので
オイルが切れているという方は、お早めにご連絡ください!

さて、クソ寒い週末土曜日に少しだけ紹介したいのは
個人的な趣味で収集しているUK Vintageヘルメットについて。

本来であればジャケットのご紹介をさせて頂きたいところではありますが、
現在納品遅れで御迷惑をお掛けしている御客様の手前、
納品が落ち着くまで、勝手ながらしばらくの間はジャケットのご案内は控えさせて頂いております。
何卒、ご理解の程、宜しくお願いいたします。
尚、オーダーを頂いておりますジャケットは納品があり次第、
随時、ご連絡・発送させていただいております。
お待ち頂いておりますお客様につきましては、大変御迷惑をお掛けしておりますが
今しばらくお待ち願います。

それでは、本日少しだけ紹介させて頂きたいアイテムはコチラ↓
CIMG5626.JPG

60-70s KANGOL WHITE METEOR
※非売品

ご存じ、フレアーなシェル形状が特徴的なKANGOL製Motorcycle crash helmetの中で
フラッグシップモデルとして位置づけられていたMETEORです。

METEORというと、ツートンカラーのヘルメットが多いので、
WHITEシェルは珍しいカラーリングになります。
参考までに、METEORと同型のヘルメットでシルバーカラーなのは、
SPACE MASTER。
KANGOLヘルメットの中では、METEORとCOMETの間に位置づけられる
ヘルメットもあります。

KANGOLといえば、やはりココがポイント↓
CIMG5627.JPG

EveroakやStadiumなど被り口部分が閉まっているヘルメットがほとんどの中、
KANGOLは独自のデザインを貫いています。
また、このフレアーなデザイン故に、頭に変なストレスなく被ることができるのも
KANGOLヘルメットの良い点だと思います。

横から見た感じ↓
CIMG5628.JPG

KANGOLステッカー↓
CIMG5629.JPG

後ろから見た感じ↓
CIMG5631.JPG

また、KANGOLヘルメットの特徴として、
チンストラップのバックル位置が左側に付きます。
EveroakやStadium等、多くのヘルメットが右側なのに対して
反対側につくというのも独自の路線を行ってる感があります。
CIMG5630.JPG

また、METEORのみですが、チンストラップ幅が約1インチ(2.54cm)と
通常のチンストラップよりも幅広となっているのも特徴的なポイントです。

内装は、光沢のあるブラックファブリックにMETEORのタグが付きます。
CIMG5635.JPG

内装仕様はいろいろなパターンがあり、当時はいろいろと試行錯誤していたのかなと感じます。
サイズ表記についても、内装のヘッドバンドあたりに印刷されているタイプもありますが、
イヤーフラップ内側シェルにシールで記載されているタイプもあります。
CIMG5636.JPG

そして、KANGOLのヘルメットを愛用している方ならご承知かと思いますが、
天吊りバンドのため、被るとヘルメットが持ち上がったようなスタイルになり
あまり美しくない。
その為、ヘッドバンド部を切っているヘルメットを多く見かけます。
CIMG5638.JPG

ヘッドバンドを切ってしまえば、深く被ることができますが
確実に装着時にヘルメットが前後に動きます。
ヘルメットがあっちこっちに動くのはあまり気持ちの良いモノではないので、
ヘッドバンドを切ってあるヘルメットをご利用の方は、
トップ部にスポンジパッドなどを取り付けてご利用することをオススメします。

ちなみに、当店で復刻モデルとして販売しておりますROCKET HELMETの
SPACE ROCKETはまさに、KANGOL METEORをモデルとして作られているヘルメットになります。
METEORのデザインを忠実に再現すると共に、
内装部分の傷みフォローとか、被ったときのスタイルを考慮してヘッドバンド部の取り付け位置を
調整するなど、ちょいちょい使い易く改良(工夫)しております。
ヘルメット好きが講じて制作した拘りのROCKET HELMETも宜しくお願いいたします。
CIMG5640.JPG

土曜の夜ともなれば街中も賑やかくなります。
キレイなイルミネーションを見ながらテクテクとするも良しですが、
個人的には暖かいモノでも食べながらのんびり夜を過ごしたいと思います。

それでは、寒いですが引き続き良い週末をお過ごしください!
(明日も、11:0〜18:00まで元気に営業中です)

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000537/
↑↑↑X'masギフトに嬉しいポイント10倍SALE開催中!↑↑↑
posted by kei at 19:40| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

My favorite helmet

師走の月曜日。
楽しかった週末の記憶も吹っ飛びます。
ただでさえ仕事が遅いのに、時間がない。
焦る気持ちが募るばかりで、全然前に進んでる気がしないけど、
一歩づつ前に進めるよう取り組んで行きたいと思います。

さて、現実逃避というわけではないのですが、
今日は個人的にお気に入りのUK Vintage ヘルメットの話題を少しだけ紹介させて頂きます。
お気に入りのヘルメットはコチラ↓
CIMG5456.JPG

Stadium Project 2
ツートーンのフラッシュカラーが特徴的な1960年代〜70年代に販売されていた
Motorcycle crash helmetです。

CIMG5457.JPG

帽体シェルが小さくて非常に格好良いヘルメットです。
Stadiumというと、同じくProject 4も有名なヘルメットですが、
70年代には英国の安全基準が厳しくなり、帽体シェルが小さいProject 2は
販売中止になり、変わってProject 4が主流となっていったようです。

Stadium P2好きという方も多いかと思いますが、
中でも人気カラーと言えば、
シルバーにブラックのセンターラインが入るコチラのタイプ↓
CIMG5458.JPG

渋いです。
最近では英国でも状態の良いモノは手に入りません。
更に、コチラも入手困難なレッド↓
CIMG5461.JPG

そして、比較的に流通数が多いと感じるのがブルー↓
CIMG5463.JPG

格好良いP2ですが、使用するにあたり難点が多々あります。
まず、Stadiumのヘルメットはシェルの内側にスポンジが貼ってあり、
生産から40〜50年が経過している現代ではスポンジが劣化して
ヘルメット内部からボロボロとスポンジカスが落ちてきます。
このスポンジカスを全部取り除くとしたら、
一度、内装をバラしてシェル内側のスポンジを全て削ぎ取る必要があるのですが
その後に復元が非常に難しいので
専門家ではない方のリベット外しなどはオススメしません。

続いて、内装のレッドコットンのおでこ部分の破れ。
所詮、布地です。
ただでさえ、経年劣化で破れても不思議ではない部分です。
特に額部分は直接肌にあたる部分でもあり、擦れて破けやすい。
まあ、破けた部分は同色の布地(フェルト地がオススメ)で
補修すればいいのですが、それもまためんどくさい。
とはいえ、破れたまま装着するのも気持ち悪い。
結果、倉庫の片隅で飾りになっている、というP2が多いのではないでしょうか?

個人的にP2は大好きなのですが、
スポンジカスや内装の破れの問題でほとんど装着する機会がないヘルメットに
なっております。

それから、どうでも良いコトなのですが、
Project 2にも前期・後期など生産時期によって若干仕様が違います。
例えば、チンストラップ↓
CIMG5467.JPG
CIMG5469.JPG
CIMG5470.JPG
Everoak Racemasterも初期型や前期型はチンストラップ部にレザーを使用しておりますが、
後期柄になるとナイロン製になります。
これは、ナイロンの方が強度が強いという理由からの変更だったようです。
ただ、あまりP2のナイロン製チンストラップtypeは見かけません。
たぶん、後期型といわれる時期には、既に販売中止が決まっていたからなのでしょう。

また帽体シェルも幾つか種類があります。
いつか、復刻モデルを制作してみたいと思っているヘルメットの1つですので
いろいろ調べて、一番格好良いと思えるシェルを選択したいと思います。
CIMG5471.JPG

このブログを見ていただいている方はご承知だと思いますが、
いくら格好良いヘルメットといえども、現代の安全基準を満たしているヘルメットでは
ありません。(SG基準など)
眺めているだけでも十分楽しめるプロダクト製品でもありますので
コレクションとして楽しまれることをオススメします!
CIMG5466.JPG

1年の締めくくりとなる師走です。
のんびりしてられない日々が続いているかと思いますが、
くれぐれも体調に気をつけて、師走の忙しい時期を乗り越えていきましょう!

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/






posted by kei at 20:23| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

赤い彗星

せっかくの日曜日ですが、朝から雨。
昼頃から少し晴れてきたのでバイクでお店まで来たのですが、
今はまたも雨が激しく降ってます。
このままだとずぶ濡れで帰宅となりそうです。
まあこんな日にバイクで出かければこうなることは予想できたのですが
仕方ないので雨の中を楽しく走って帰ろうと思います。

さて、雨の日曜日に少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
CIMG4421.JPG

英国製Vintage HelmetのKangol COMETさんです。
CIMG4430.JPG
Kangol HelmetといえばMETEORが人気のヘルメットです。
当時はMETEORをフラッグシップモデルとして、
続いて、SPACE MASTER、
そして、廉価版的な位置づけでCOMETが販売されていたようです。
CIMG4422.JPG
Kangol=METEORという方も多いかと思いますが、
個人的にはカジュアルなイメージのCOMETも好きなヘルメットです。
Kangol特有というか、内装に天吊バンド式を採用しております。
なのでCOMETを装着すると天井吊バンドに頭が当たり深く被ることができないので、
コックさんの帽子みたいな感じのヘルメット装着スタイルになってしまいます。
ということで、天吊バンドが切られているCOMETが非常に多い気がします。
私もいくつか所有しているCOMETの中には天吊バンドが切られているモノも
ありますが、やはり装着スタイルは深く被ることができて抜群にカッコよくなります。
しかし、吊バンドがないヘルメットはヘルメット自体が頭と固定しない為、
バイク乗車時に前後にずれてくることがあります。
なので、天吊バンドが切られているCOMETを装着する際には
天井部分に補強スポンジなどを貼って装着することを強くお勧めします。
※見づらいですが、内装部分と天吊バンド部↓
CIMG4431.JPG

横から見た感じ↓
CIMG4425.JPG
耳部分から後ろにかけてシャープに切りあがったデザインがカッコよいです。

COMETは非常に多くのカラーを見かけるのですが、
60年代から70年代にかけて一番POPなヘルメットとして若者を中心に選ばれていたのではないかと
勝手に想像します。
CIMG4427.JPG

もちろん、耳部分のフレアーなデザインもKangolらしいポイントです。
CIMG4429.JPG

英国製Vintage Helmetはほとんどが製造から既に50年近く経過しているヘルメットですので
基本、ディスプレーとしての観賞用となります。
使用に関しては交通違反の対象とはなりませんが、
現代の安全基準をクリアしているものではないということを
十分理解してご利用下さい。

8月も残すところあと1週間。
来週の日曜日は既に9月スタートとなります。
夏休みの宿題が終わっていないというお子様をお持ちの方は
お子様と一緒にラスト1週間を充実した時間を過ごしてください!

それでは、思い残すことなく8月を終わることができるよう
貪欲に楽しんでいきましょう!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46−30
グランディオス静岡1階
電話 054−256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
posted by kei at 16:14| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

Vintage Lewis Leathers motorcycle boots

あっという間の週末。
そして、月末...
8月もまもなく終わりですね。
夏らしいことは全くした記憶がありませんが、
たくさん汗をかいた記憶は鮮明にあります。
まもなく、9月。
そろそろお気に入りのスタイルでバイクを楽しめる季節が近付いて来ました。
ジャケットにブーツ、ヘルメットにアクセサリー等々、
モーターサイクルと一緒に過ごす時間を愉しみましょう!

さて、週末土曜日に少しだけ紹介したい格好良いアイテムはコチラ↓
CIMG4415.JPG

Lewis Leathers Motorcycle bootsです。
CIMG4418.JPG
CIMG4417.JPG

Lewis Leathersでは現行でも数モデルのMotorcycle bootsが
ラインアップされておりますが、
本日ご紹介するbootsは古くからモーターサイクル用として愛用されていた
最もポピュラーなブーツを少しだけ紹介させて頂きます。

Vintage Lewis Leathers
Super HUNTER No.224 COMMANDO sole
CIMG4404.JPG

Lewis Leathers bootsの中で最も愛用されていたであろうモーターサイクルブーツです。
シャフトの長さは42cmと長めなのですが、
MOTORWAY Bootsの44cmと比べると、2cm短いってコトになります。
まあ、でも十分に冬場の防寒性と安全性を兼ね備えたブーツです。

また厳しい冬シーズンを過ごすロンドンならではなのか?
Lewis Leathersには同モデルでライニングのみ異なるモデルがラインナップされております。
ちなみに、コチラは上の写真と同じくHUNTER モデルですが
より防寒性重視としてライニングにボアが施されるブーツです。
Vintage Lewis Leathers
LINED HUNTER Boots No.223
CIMG4408.JPG
CIMG4409.JPG

LINEDモデル以外のブーツはインナーのレッドカラーがLewis Leathersらしい格好良い演出です。
CIMG4407.JPG
CIMG4412.JPG

個人的にも冬場にLINED MOTORWAY BOOTS 192を履いて
楽しむ事がありますが、
とにかく足下の暖かさは格別です。
スタイル的に本気モードになりがちですが、
他の人の目など気にせず、自分だけのスタイル演出を愉しんでください!
CIMG4411.JPG

そろそろ秋の到来を前に、
今シーズンのスタイルをあーだこーだ考える頃だと思います。
是非、Lewis Leathersというスタイル演出をお楽しみください。
CIMG4416.JPG

それでは、引き続き良い週末をお過ごしください!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
email info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/

posted by kei at 19:20| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

STADIUM Project4 Blue Flash

相変わらず暑い日が続いておりますが、
気がつけば8月も半分が過ぎてしまいました。
きっと、たぶん夏も残すところあとわずかなのかもしれません。
猛暑はきついですが、
夏らしいことを忘れずにやっておきたいものです。

さて、8月15日に少しだけ紹介したいアイテムはコチラ↓
CIMG3344.JPG

1960年代から70年代前半に販売されていた
英国製Motorcycle crash Helmetを代表するモデル
STADIUM Project 4 BLUE FLASH

吊バンド式天井には、Stadium Project4タグが付いています。
CIMG3350.JPG

60〜70年代当時のRockersはもちろん、Modsファンにも愛されていた
ヘルメットです。
額のStadiumロゴステッカーはオリジナルですが、
かなり擦れてしまっています。
CIMG3345.JPG

Stadiumといえば、Project4の廉価版的な位置づけのProject2も
人気が高いヘルメットです。
ちょっと話がそれますが、Project4に比べて帽体が小さいProject2は、
70年代に英国のヘルメット安全基準が厳しくなったことに伴い、安全基準をクリア
することができず、P2の生産及び、販売が終了したという話を聞いたことがあります。
突然の販売終了に伴い、数年前までは特にサイズが小さいProject2の
店頭Dead Stockが英国を中心にかなりマニア向けに流通していました。
また、70年代以降はProject2の販売終了により、Project4のみの販売となった為、
現在の中古市場の中でもProject4の流通数が多い原因であるといわれております。

とはいえ、元々数が少ない上、程度の良いヘルメットと出会うのは困難になって
きておりますので、英国製Vintage Helmetに興味がある方は、
良いヘルメットとの出会いを大切にしてください。
もちろん、当店オリジナルの復刻デザインヘルメットもお勧めですけど。
(といっても、Stadium Typeは現在製作しておりません)

話がそれましたが、プロジェクト4の続きです。
横から見た感じ↓
CIMG3346.JPG
そして、バックスタイル↓
CIMG3347.JPG

ブラックのラインテープ付近に傷があります。
残念ですが、40年近くたっているヘルメットですので
これも長い年月を生きてきた傷といえます。
※ヘルメットに傷・割れがある場合は、現行モデルを含め安全性は全くないと思って間違いありません。
安全性を重視してヘルメットを選ぶ場合は、ビンテージヘルメットはお勧めしません。
(現行市販モデルヘルメットは製造から3年間のみが保障対象となります。
 製造から3年を超えたヘルメット及び、3年以内でも落としたり衝撃を加えたヘルメットは
 保障対象外となりますのでお気をつけ下さい)
CIMG3348.JPG

基本的に当店で販売しております英国製Vintage Helmet及び、当店オリジナルヘルメットは
日本国内の安全基準をクリアしたヘルメットではありません。
趣味の範疇のディスプレーモデルとしての販売となります。
公道使用の場合は、自己責任となりますのでご了承の程、
くれぐれも安全運転を心がけてご利用願います。
CIMG3349.JPG

お盆休みも今日で最後という方も多いのでしょうか?
帰省などで渋滞に巻き込まれてしまうこともあるかと思いますが、
のんびり安全運転で楽しい旅を締めくくってください。

それでは、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46−30
グランディオス静岡1階
電話 054−256-1203
email info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/



posted by kei at 15:21| Comment(0) | Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント