2014年08月19日

Late 70s Lewis Leathers Super Monza

今日は8月19日。
一年で一度の「819(バイク)の日」!
こういう語呂合わせは縁起担ぎみたいで大好きです。
欧米ではBikeというと自転車を指すようで、
彼らとの会話やメールなどでは、
バイクのことはMotorcycleと表現しないと伝わらない事実はありますが、
ココは、日本。
TriumphもHarleyもみんなバイクです!
8月19日は大好きなバイクを楽しみましょう!
と行きたいトコですが、
残念ながら今日は火曜日...
大好きなバイクに乗ることはできませんが、
日ごろの感謝を込めて、帰ったら少しだけ磨いて上げたいと思います。

さて、「819の日」に少しだけ紹介させて頂きたいのは
バイク乗りにとって必需品のライダーズジャケット。
本日は、70年代後半に生産されたカッコ良いライダースジャケットを
紹介させて頂きます。

IMG_2744.jpg

70s Lewis Leathers Super MONZA
New Old Stock
color BLACK
size 38
・肩幅 45.5cm
・胸囲 100cm
・袖丈 62.0cm
・着丈 67.5cm
※平置き実測採寸となります。計測による誤差についてはご容赦願います。
※当時のデットストック、1点モノです。
Price ¥200,000+tax


IMG_2746.jpg

ランサーフロントと言われるフロントデザインが特徴的な
Super MONZA。
タイトでスリムなシルエットは現行モデルでも人気が高いジャケットです。

特徴的と言えば、両肩と両肘に施されるダイヤモンド・キルティング・パッド。
IMG_2747.jpg

ライダースジャケットらしさをアピールするポイントではありますが、
ちょっとゴツさが気になると言う方もおります。
個人的な意見ではありますが、
このパッド部。
新品段階では、肩が厳つい感じもしますが、
着込むほどにパッド部が馴染み(つぶれ)、ボディラインに沿ったシルエットに
なってきます。
まあ、このジャケットに限らず、レザージャケットは数年着込んで
ご自身の身体に馴染んできたあたりからが、
自分だけのレザージャケットを作りあげる楽しみと共に
本来の格好良さを味わえるモノだと思います。
気に入った良いモノと長く付き合う。
そこには愛着という言葉では足りない自分だけの価値があります。
自己満足と言われるかも知れませんが、
お気に入りのスタイルと過ごす時間を楽しんでください。

背中の部分が少し長くなっているバックスタイル↓
IMG_2748.jpg

後ろ姿もタイトでスリムなシルエットがカッコ良い。
IMG_2749.jpg

IMG_2750.jpg

フロントのメインジップには菱形のマークのプラーが付いてます。
IMG_2745.jpg

ライニング(裏地)は少し光沢があるアセテート素材のキルティング。
右胸の内側にはインナーポケットが施されております。
IMG_2755.jpg

今回ご紹介させていただいたジャケットは
70年代後半のデットストック(未使用品)になります。
当時の紙タグも付属します。
IMG_2752.JPG

30年以上前に生産されたジャケットですが、
パッド内部のスポンジの劣化もなく、非常に状態がよいジャケットです。
未使用品なので、前のオーナーの型(着用癖)が付いていることもなく、
革自体も厚みがあり、柔らかく着易いジャケットです。

一生モンとは言いませんが、
良いジャケットお探しの方は、是非、ご検討ください。
※1点モノに限り、次回入荷はありません。
※他に、Navy Super Monza size34のストックもあります。

引き続き、
モーターサイクルと過ごすスタイルも楽しみましょう!
IMG_2757.jpg

それでは、また!

70s Lewis Leathers Super MONZA
New Old Stock
color BLACK
size 38
・肩幅 45.5cm
・胸囲 100cm
・袖丈 62.0cm
・着丈 67.5cm
※平置き実測採寸となります。計測による誤差についてはご容赦願います。
※当時のデットストック、1点モノです。
Price ¥200,000+tax


DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web 
楽天ポイントが貯まる!使える!オトクなDBMS楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/
Tポイントが貯まる!ヤフーショッピングサイトもご活用ください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dbms/
posted by kei at 20:40| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

70s BELSTAFF TRIALMASTER Professional

昨日は冷たい雨が降る中、
ケンタッキーフライドチキンまで、クリスマス恒例みたいな
チキンを予約しに行ってきました。
よく分からないメニューを見て注文しようとしたら、
メジャーなセットは既に完売。
適当なセットを選んで予約しようと店員さんに尋ねたところ、
24日は19:30以降まで予約が埋まっているとのこと。
どのみち20時までは取りに行けないからまあいいや、と思って
「じゃあ、20時で」
と伝えたところ、店員さんから
「20時以降なら普通のチキンも注文できますよ」
とのこと。
「じゃあ、普通のチキンで」
とクリスマス限定とはまったく関係ない普通のチキンを予約してきました。
ということで、今年のクリスマスの夜はウチでのんびりチキンでも食べて
過ごすことになりそうです。

さて、昨日に続いて今日も英国製BELSTAFFのご紹介。
本日少しだけ紹介させて頂くのは、70s Belstaff Triakmaster。
NOSではないのですが、
何着が見てきた70s TRIALMASTERの中でもGood conditionにはいる部類の
ジャケットです。
CIMG5823.JPG

若干、着用感はあるモノの傷みや変な匂いも一切なく、
良い状態のジャケットです。
CIMG5824.JPG

サイズは、UK34。
スリムなシルエットのTRIALMASTERの中でも
小さなサイズは人気で、探している方も多いサイズのジャケットです。
CIMG5829.JPG
CIMG5827.JPG

右胸につくBELSTAFFロゴ。
CIMG5825.JPG

左腕上部にもお約束のBELSTAFF ロゴマークが付いています。
CIMG5826.JPG

状態の良い70s TRIALMASTERの小さなサイズを探している方は
お気軽にお問い合せください。
ちなみに、販売価格は現行BELSTAFFジャケットより若干高めになります。
CIMG5828.JPG

2日続けて英国製BELSTAFFジャケットをご紹介させていただきました。
今後も少量ですが、ロンドンよりVintage Jacketが届き次第、ご紹介させていただきます。

それでは、相変わらず寒い日が続いておりますので
くれぐれも体調を壊さないよう、お気を付けてお過ごしください。
では、また!

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000537/
↑↑↑X'masギフトに嬉しいポイント10倍SALE開催中!↑↑↑
posted by kei at 14:18| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

Late70s BELSTAFF TRIALMASTER -N.O.S-

ここのところバタついてたり、
ヘルメットいじりばかりしていてブログ更新も滞っておりました。
そんな忙しい中、amazonでいわゆる「デジタル一眼」ってのを注文してしまいました。
デジカメって、2年くらいで壊れるサイクルなので、高いヤツ買っても勿体ないと思い、
廉価版で十分だ!と昨年末に1万円以下のデジカメを購入したのですが、
これが失敗。
撮影技術が云々ということもあるのでしょうが、
とにかくめんどくさいので、買い換えることに決めました。
予算は3万円。
普段使うカメラはスマホで十分なので、
特別なとき?とか商品とかの撮影用に使えるカメラということで
探してたら、初心者向きの「デジタル一眼」ってのも意外と安い。
どうせなら!ということで、
予算を2万円ほどオーバーしたけど初心向けの「デジタル一眼カメラ」を購入しました!
「これで、年末年始はデジイチデビューだ!」と思ったのもつかの間...
在庫切れで、お届けは年明けとのこと。
普段なら即キャンセルってトコですが、
よくよく考えてみると、別に今すぐじゃなくてもまったく支障がないモノ(って、必要自体があるのか?)
ってことで、のんびり待つことにしました。
ということで、2014年から新しいカメラでブログ写真など紹介させて頂く
予定ですので、宜しくお願いいたします!

さて、前置きが長くなりましたが
冷たい雨が降る水曜日に少しだけ紹介したいジャケットはコチラ↓
CIMG5796.JPG

Late70s BELSTAFF TRIALMASTER Professional
New Old Stock
Made in England
size UK40

CIMG5800.JPG

先日ロンドンから届いたBELSTAFF TRIALMASTERジャケットです。
インナータグから1970年代後半から80年代に英国で製造されたwax cotton ジャケットなのですが、
特筆すべきは、NOS(デットストック)。
もちろんタグも付属しています。
CIMG5797.JPG

BELSTAFFに拘る方なら、英国製BELSTAFFです。
しかし、どうしても製造から30年以上経過しているwax cootonというジャケットの性質上、
状態の良いジャケットが少ないのが現状。
また、レザージャケットと違って着用による生地の劣化も激しく、
良い状態のジャケットが少ないことにも頷けます。

今回ご紹介させていただくTRIALMASTERは、コレクター所有の未使用品になります。
70年代後半から80年代に製造された英国製BELSTAFFの中では
比較的新しいジャケットになります。
Vintageとしては、50年代のチェッカーフラッグタグ、
60年代のサミーミラータグが付いたTrialmasterの人気が高いのですが、
個人的にはスリムなシルエットの70年代のTrialmasterも
かっこよく着こなせるお気に入りのジャケットです。

後ろ姿↓
CIMG5802.JPG

右胸のポケットフラップにはBELSTAFFバッチが付いています。
(このバッチも人気です)
CIMG5801.JPG

右胸にはお馴染みのBELSTAFFタグ↓
CIMG5799.JPG

お馴染みのBELSTAFFロゴパッチも両腕上部に付いています。
また両肩。両肘のパッドには中綿が入っており、
モーターサイクルジャケットとしての存在感を感じさせます。
CIMG5803.JPG

ボディカラーは人気のブラック。
サイズは、UK40。
細身なジャケットですので、お気に入りのインナーやパンツ、ブーツなどと合わせて
かっこよく着こなしてください。
CIMG5804.JPG

今回は同じタイプの英国製Belstaff Trialmaster NOSでサイズUK36も入荷しました。
気になる方は、お気軽にお問い合せください。
Belstaff Traialmaster UK36 SOLD OUT
(ちなみに販売価格は円安の影響もありますが、現行Belstaffジャケットよりも高くなります)
CIMG5817.JPG

その他、70s Belstaff Trialmaster size34 mint conditionも
入荷しております。
コチラはNOSではありませんが、非常に良い状態の小さなTrialmasterです。
CIMG5828.JPG

今月にあと数着Vintage Jacketが入荷する予定です。
良い状態のジャケットのみ厳選して取り寄せておりますが、
円安でポンドも高くなってきているので販売価格は高くなってしまいます。
とはいえ、今までが異常なほどの円高だったので
数年前に比べればまだポンドは高すぎない気もしますが、
英国からの良いアイテム情報が少なくなってきております。
これから益々、UK Vintageアイテムが少なくなると予想されますので、
現在UK vintageアイテムを所有されている方は後世に受け継ぐ役割を担っていると
お考えになってこれからも大切にしてください。

それでは、寒い日が続いておりますので
くれぐれも体調を壊さないよう気をつけて日々お過ごしください。

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000537/
↑↑↑X'masギフトに嬉しいポイント10倍SALE開催中!↑↑↑
posted by kei at 14:04| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

さりげなく...ROCKERS Tasteを楽しみませんか?

せっかくのお休みなのに雨...とお嘆きの方もいるかと思う水曜日。
静岡市内も朝からずっと雨が降ったり止んだりです。
平日休みという方には少し気の毒な雨だと思いますが、
週末は天気が良さそうなので、今日の雨も今日で良かった、等と勝手に思ったりしてます。

さて、今週末はいよいよ「TRIUMPH RIOT vol3」が開催されます。
今回は出展者として参加させて頂く予定です。
会場では、DBMSオリジナルのTRSPヘルメット各種の展示販売を予定しておりますので
是非、多くの皆様に実物を手に取って実感して頂きたいと考えております。
※TRIUMPH RIOT vol.3につきましては、主催者HPを参照願います。
【TRIUMPH RIOT】

今回はヘルメット他商品トランポの為、Triumphで参加できないのが残念です..が、
イベントは楽しまなければ意味がない!
服装だけでもバイクで参加した皆さんと同じように楽しもうと考えております。
ということで、今回着ていこうと計画しているジャケットがコチラ↓
CIMG4961.JPG

襟廻りに当時モノPinバッチで装飾されたVintage Lewis Leathers Jacketです。
よく見ると...
CIMG4968.JPG
CIMG4967.JPG

Triumphという文字よりも、Nortonという文字の方が多い...
更に、両腕に取り付けられたワッペンを観たら確信に変わります。
CIMG4964.JPG
CIMG4965.JPG

滅茶苦茶、雰囲気があるワッペン。
ワッペンの縁を彩るスタッズもいい感じです。
ていうか、確実にNortonオーナーが着ていたであろう60's 391 LIGHTNINGです。
TRIUMPHミーティングなのに、良いのでしょうか?
という疑問も少しありますが、格好良いのでコレで参加する予定です!
ちなみに、袖口に施されたスタッズもさりげなくて素敵です。
CIMG4966.JPG

60年代のLewis Leathersなので、全体的なヤレ感はハンパないですが、
生存していたのが不思議なくらい魅力的なジャケットです。
CIMG4970.JPG

ボロボロですが、D.LEWISタグも僅かに残ってます。
CIMG4963.JPG

ピンバッチや腕のワッペンで装飾されてはいますが、
後ろ姿は意外とスッキリ。
CIMG4971.JPG

ガチガチのRockers Jacketというよりは、さりげないRockers Jacketという感じが
気に入っています。
サイズは36。
10月13日はこんな感じで山中湖に参加させて頂く予定ですので、
会場で見かけたら、是非、声をかけてください!
CIMG4978.JPG
CIMG4973.JPG

それでは、日曜日に山中湖でお会いしましょう!
See you soon!
【TRIUMPH RIOT】

※尚、私はイベントで不在となりますが、
 DBMS cafe&clothingは10月13日(日)も通常通り営業しております。
(Open 11:00〜18:00)


DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/

posted by kei at 15:29| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

Vintage Leather Jacket

今日から、ていうか厳密には昨日から9月スタートです。
昨日の日曜日は、夕方にキックアーム交換したファーストボンネで
静岡市内の山奥?まで走りに行ってきました。
夕方ともなると少し涼しくなってくるのですが、
山道を登っていくと既に少し肌寒いくらいです。
昨日は幸運にも道が空いていて、早くも秋の雰囲気が漂う山道を気持ち良く
楽しませて頂きました。
ただひとつ。
難を言えば、トンボ?みたいな虫が激突してきます。
何度か胸元に激突され、少し虫恐怖症になりそうでした。
秋になったらバイクで山道など楽しもう!とお考えの方は、
激突してくる虫には十分注意してお楽しみください。

さて、9月最初に少しだけ紹介したいジャケットはコチラ↓
CIMG4519.JPG

70年代のLewis Leathers Super PLAINSMANです。
現行モデルとしてもPLAINSMAN 393がラインナップされておりますが、
本日ご紹介させていただくモデルは
両肩にエポレットが装着されるSUPER PLAINSMAN JACKET 387になります。
CIMG4518.JPG

Vintage Lewis Leathers Jacketの中も襟付きシングルジャケットの人気は高いです。
更に、ダブルプレスモデルに比べて品数が少ないので取引価格が高価になってしまいます。
また襟付きシングルジャケットの多くは、
50〜60年代の主流ジャケットとして生産されていたモデルが多く、
70年代になると人気の主流がダブルプレスレッドモデルとなり、
カタログ落ちしてしまったことも現在数が少ない理由なのでしょう。(たぶん)
CIMG4520.JPG

PLAINSMAN ジャケットといえば、ヒラヒラのフリンジ。
時代なのでしょうか?現代ではあまり見かけるコトはありません。
でもなんとなく、フリンジをみると「プレスリー」を想像させるのは
私だけでしょうか?
CIMG4525.JPG

フロントのセンタージップは、オーバルのLIGNTNING
CIMG4521.JPG
写真はありませんが、ポケットのジップは「S」が付いています。

今シーズンも現在ご予約いただいているジャケットの中では
DOMINATORやCORSAIRが人気です。(牛革、シープ共に人気です)
※PLAINSMANのご予約も受け付けております。
個人的に襟付きシングルジャケットは大好きなモデルです。
是非、襟を立てて格好つけてさりげなく纏っていただきたいNo.1ジャケットです。
CIMG4527.JPG

今回はVintage Lewis Leathers Jacketを少しだけ紹介させて頂きました。
いつも思うのですが、
VinatgeにはVintageの伝統的なスタイルの格好良さ、
現行モデルには、自分で着込んで自分だけのお気に入りジャケットを作り込んでいく
満足感と拘りのスタイル演出の楽しさがあると思います。

どちらもLewis Leathersのジャケットです。
そして、どちらも楽しさと格好良さを味わえる魅力的なジャケットです。
是非、今シーズンもLewis Leathersでさりげなく格好つけてください!
CIMG4528.JPG

それでは、残暑厳しいSeptemberの始まりでしたが、
秋はきっとすぐそこまで来てるはずです。
今日も明日も明後日も
楽しいコト考えて、楽しい時間を過ごすことに貪欲に行きましょう!

それでは、また!
※Lewis Leathers ジャケット好評オーダー受付中!
今シーズンにジャケット購入予定の方は、お気軽に御相談してください。
DBMS 楽天市場店 Lewis Leathers ジャケット予約ページ

DBMS CAFE&CLOTHING
〒421-0123
静岡県静岡市駿河区石部46-30.
グランディオス静岡1階
電話 054-256-1203
mail info@d-lewis.jp
web http://item.rakuten.co.jp/dbms/c/0000000116/









posted by kei at 19:47| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

赤いジャケット。

クリスマス連休、いかがお過ごしですか?
連休初日の昨日はずっと会社でデスクワークに明け暮れていたのですが、
会社の前の青葉公園、てトコでは夕方からのX'mas野外コンサート?の為、
出演アーティストさんたちが昼からリハーサルを行っており、
コンサート前にもかかわらず、終始クリスマスソングが鳴り響く中、
まじめにパソコンに向かって仕事してました。
今日もクリスマスイベントが激しく開催されるということで
仕事にならないので、バイクに乗ってきました。
このクソ寒い中、相変わらずバイクは絶好調。
寒いし、仕事も残ってるしと複雑な気分ではありますが、
単純にバイクの調子がよいと気分もよくなります!
せっかくのクリスマスなんですから、
楽しく過ごすのが一番ですね。
まあ、いろいろあると思いますが、楽しいクリスマスを過ごしてください!

さて、クリスマスイブの前日に少しだけ紹介したいジャケットはコチラ↓
CIMG2068.JPG
Late 70's Lewis Leathers ELECTRA

現行ラインナップには無いモデルなのですが、
1973年、CYCLONE、EUROPEと同時期に登場したERECTRAです。
何故、今日このジャケットを紹介したいのか?というと
理由は「赤いから」。
この時期、赤いジャケットって言うとなんとなく街に群がるサンタクロースを
イメージしませんか?
なので個人的ですが、クリスマスに赤いジャケット着てバイク乗ってる人を見ると、
「あ、サンタクロースだ」と思います。
というわけで、今日は勝手にサンタさんみたいな赤いジャケットの
Vintage ELECTRAを紹介します。
※ELECTRAは全てレッドカラーというわけではありません。

ELECTRAをはじめ、CYCLONE,EUROPEに共通する左胸にスラントポケットが付く
デザインはシンプル且つ、シャープな印象でカッコよい。CIMG2071.JPG

そして、両肩、両肘に施されるストレートステッチのパッドも
デザインアクセントになっております。
CIMG2076.JPG
ELECTRAの特徴といえば、
CYCLONE、EUROPEに比べて着丈が長くなっている点です。
CIMG2072.JPG
従って、ウエストに付くアジャスターバンドも2本つきます。
CIMG2073.JPG
そして、どうでもよいポイントですが、
フロントの袷部分に取り付けられるチェンジポケット↓
CIMG2074.JPG
何故、この部分についているのか?は、わかりません。

そして、ELECTRAのみスタンダートのライニングはレッドキルティングコットン。
Vintage Electra Jacketにはブラックニットを見かけるので
当時はオプションでブラックニットも選べたのでしょうね。きっと。
CIMG2075.JPG

インナーラベルは70年代後半から80年代前半につけられるLewis Leathersラベル。
よく言う「LATE 70's ラベル」です。
(ぼろぼろで見づらいですが、私物ということでご了承下さい)

革はしなやかで柔らかいシープスキンですので、軽く着易いジャケットです。
CIMG2070.JPG

赤いジャケットというと、マイケルジャクソンやサンタクロースみたい、と思われるかもしれませんが、
着込んで味が出るほどに渋さが増してくるカッコよいジャケットです。
是非、カラージャケットを検討されている方は、レッドカラーも
選択肢に入れて、ご自身のスタイル演出をお楽しみ下さい。

それでは、今夜も明日も、あさっても、クリスマスです!
是非、楽しいクリスマスをお過ごし下さい!

Happy X'mas for ALL!!!





posted by kei at 14:34| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

古いモノを継承していく気持ちが大事。

気がつけば4月も後半に入って来ました。
来週末はゴールデンウィーク突入!ですよ。
歳をとったせいか月日が経つのが早く感じます。
経営者的には「もう月末かよ!」ってのも切実な悩みですけど。

さて、個人的なコトですが4月に入っても毎日革ジャン通勤です。
信号とかで横のヒトが半袖Tシャツだったとしても気にしません!
だって夜はまだ寒いから。
とはいえ5月になったら通勤に革ジャンは少し辛いかな?
まあ、今年もいけるとこまで革ジャン着て過ごしますけど。

と言うことで、今日は昨日着用した革ジャンを少しだけ紹介させて頂きます。
現行モデルではなく60s' Vintage Jacketです。
DSC05279.JPG

最近、Vintage着用率が高いのですがその理由の一つは
ジャケットに風を通してあげたいから。
コレクションと言ってずっと部屋にしまっておくと言うのはやはり革に良くない。
いつか手放すときに良い状態で新しいオーナーに譲りたいので
メンテナンスの一環としてもたまには屋外で着用します。

改めてジャケットを紹介↓
DSC05274.JPG

60年代のLewis Leathersの襟付きシングルジャケットです。
タグはこんな感じ↓
DSC05278.JPG

全体的なシルエットはVintage modelらしいボテっとしたシルエットです。
DSC05286.JPG

背中には何かはがしたような縫い目があります。
勝手な想像だとリフレクターテープだったのかな?不明ですけど。
DSC05285.JPG

両肩にはエポレットが付いています。
DSC05277.JPG

エポレットって必要なのか?わかりませんが
軍モノみたいな雰囲気がちょっと気になります。
センタージップはオーバルタイプのLIGNTNING
DSC05275.JPG

しかもダブルジップになってます。
DSC05276.JPG

袖はL
DSC05282.JPG

センタージップエンド部にはスナップボタンカフスが付いていますので
Motorcycle Jacketに間違いありません。(って誰も疑ってないですけど)
DSC05281.JPG

ウエストのアジャスターバンドもいい感じです。
DSC05284.JPG

両袖にはワッペンを剥がした後があったり、胸にはピンバッチをつけて空いた穴も多数見られます。
そんなダメージ部分もこのジャケットの歴史を感じさせるポイントです。
DSC05283.JPG

要所要所に見られる味と一言では片付けることのできない革の魅力が
いい感じです。
DSC05287.JPG

エポレットに違和感はありますが
パッと見は右胸のジップポケットが付いていないDominator に見えます。
モデル名は不明というか、デザインオーダージャケットではないかと思いますが
左胸のジップポケットの代わりにインナーポケットが付くあたり
ポケットへの拘りも感じます。
DSC05289.JPG

今から50年も前からオーナーを格好良く演出し続けてきたジャケットなんですよね。
今は偶然にも私の手元にありますが、
いつの日か新しいオーナーの基にジャケットと感動を受け継ぎたいと思います。
ジャケットだけでなくバイクも含め、古いモノは大切に扱い
そして、末永く愛されて継承されていくことが大事なコトだと思います。
合理的という言葉の元、モノがどんどん捨てられていくことは
仕方のないことだと思いますが、
古き良きモノはこれからも大切にヒトからヒトへと受け継がれていって欲しいと願います。

さて、来週末はゴールデンウィーク突入!ですよね。
DBMS cafe&clothingではご来店いただいたお客様へのGWサンクス企画を開催します!
内容は後日改めて紹介させて頂きますが、
GWの予定が特にない方は是非、遊びに立ち寄ってください!
ちなみに...
GWは、5月2日(水)を除いて全て営業しておりますので
是非、遊びに寄ってください。

それでは、また!










posted by kei at 20:19| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

Late70s' Lewis Leathers SuperMONZA No.445

週末の土曜日はいかがお過ごしでしょうか?
静岡市内は朝から雨が降っておりましたが、今は雨も上がっています。
今日は新東名高速道路が15:00開通とのことなので
バイクで開通記念日走行に向かった方々は雨に降られず気持ちのよい
初走りを楽しんでいるのでしょうね、きっと。

さて、今日少しだけ紹介したいジャケットはコチラ↓2012-04-142.jpg
現行モデルにもラインナップされているモデルですが、
写真のジャケットは70年代後半から80年代前半にデリバリーされたSuperMONZA No.445です。

SuperMONZAといえば、スリムでタイトで着丈が長くてかっこよいシルエットが人気です。2012-04-141.jpg
またランサーフロントといわれるフロントデザインも大きな特徴です。
フルジップスタイルでバイクで駆け抜けるもよし、
襟元を少しあけて、ダブルジャケットのようなカジュアルな着こなしも良しと
一粒で二度おいしい着用シーンも魅力ですね。2012-04-147.jpg

そして、なんと言ってもショルダーとエルボーに施されるダイヤモンドキルティングカットのパッド。2012-04-144.jpg
まさに「これぞライダースジャケット」といわんばかりのデザインアクセントです。
(本来はデザイン特徴じゃなくて、安全性重視の機能特徴なんですけど)

着丈の長さもバイク乗りには嬉しいポイント。
低いハンドルでのライディングポジションではどーしても背中が気になりますが
SuperMONZAならそんな心配もありません。2012-04-143.jpg
センタージップにはLIGNTNINGが使われておりますが、
現行モデルではCLIXになります。
2012-04-146.jpg

最後に左胸に付くLewis Leathersのオーバルパッチ。
2012-04-145.jpg

パッド付きジャケットはパッドがハードな雰囲気を醸し出すという理由で
敬遠される方もおりますが、
実際に着用してみるとパッドがデザインアクセントとなってライダースジャケットらしい
スリムでタイトな着用スタイルを演出してくれるジャケットです。
是非、一度ご自身で袖を通して着用スタイルを実感してみてください。

さて、せっかくの土曜日が雨で残念な気もしますが、
次第に天気も回復してくるとのことですので、天気が良いであろう日曜日の
計画を立てながら過ごすってのもありだと思います。
せっかくの週末ですので充実した楽しい時間を過ごしましょう!
それでは、良い週末を!



posted by kei at 15:44| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

Single Jacketがキモチ良い季節です。

今日は風が強かったけど、暖かな一日でした。
もちろん、今日もレザージャケットですが朝は背中に日差しを感じて
暖かいを通り越して少し暑さを感じるほどでした。
明日も暖かな一日と言うことで
お花見を計画している方には絶好のお花見日和になりそうですね。
是非、楽しんでください!

さて、今日少しだけ紹介したいのは個人的な趣味のVintage Leather Jacketです。
私は古い英国製ライダースジャケットが大好きで
Lewis Leathersはもちろんですが、ほかにも気に入っているブランドがあり、
Highwaymanと言うブランドもその一つです。
今日、紹介したいジャケットはインナータグから70s'に製作されたHighwaymanジャケット
だと思いますが新品にはない古着らしい味が魅力の一つです。
DSC05134.JPG

襟付きシングルジャケット...と言うだけで大好きだ!と言う私なのですが、
まさに襟付きシングルジャケットです。
DSC05126.jpg

Vintage Lewis LeathersでもDominatorやCorsair、Comet、Leader、Plainsmanなど
人気の襟付きシングルジャケットはあるのですが、
希少価値からなかなか手に入りづらい(価格・流通量など良い状態のモノは特に)。
まあ最近ではHighwaymanも襟付きシングルジャケットは手に入りにくいことには
あまり変わりません。
個人的には、どーしてもVintageに拘るというよりは、
現行モデル(Highwaymanには現行モデルはありません)のDominatorとかCorsairをオススメしますが、
縁あってVintage Jacketを手に入れる機会があったら、
是非、着用感を体験して見ていただきたいなと思います。(自己満足の世界ですけど)
※たまにe-bayなんかでいい感じのジャケットが出てますので。

フロントスタイル↓
DSC05125.jpg

ついで、バックスタイル↓
DSC05132.jpg

ウエストのアジャスタバンドは後ろ向きに1本付いてます。
DSC05131.jpg

センタージップはスクエアのCLIX↓
DSC05127.jpg

両脇のジップポケットにはLigntningのボールチェーンが付いてます。
DSC05129.jpg

袖ファスナーは L
DSC05133.jpg

センタージップエンドには、スナップボタン付きカフスが付いてます。
DSC05130.jpg

ざっと紹介してお解りのように、ほとんど70s'当時のLewis Leathersジャケットと変わりません。
それもそのはず、当時はLewis LeathersのジャケットがHighwaymanの工場で
作られていたと言われてますから。
詳しいことはわかりませんが、70年代当時のレザージャケットに興味のある方には
デザイン、革質、着心地などHighwaymanのジャケットは凄くオススメです!
DSC05135.JPG

古着の宣伝みたいになってしまいましたが、
どこかで手にする機会がありましたら、実際に体感してみていただきたいと
思います。

話は一気に変わりますが、
Norton Dominator 88は、未だ新オーナー様募集中ですので
気になる方は、お気軽にご連絡ください。
※現在、dbms cafe&clothing Shop展示中です。
DSC05123.JPG

もう一つ、お知らせ!
本日、Lewis Leathers 391 LIGNTNING サイズ32が入荷しました。
人気サイズですので
お探しの方はお早めにご検討ください。
DSC05137.JPG

明日も暖かな一日になりそうですので
お出掛けやお花見を予定されている方は、思う存分に春を満喫してください。
それでは、今週も楽しい時間を過ごしましょう!











posted by kei at 18:57| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

Vintage TWIN TRACK BRONX

いきなり個人的な話題ですが、3月初旬のマラソン大会に参加します!
で、昨日から近所の公園を走って練習を始めました。
早くも両太もも上側の筋肉痛に悩んでおります...。
階段の上り下りでは富士登山後並みの激痛なのですが、
これからも少しずつ練習に励みたいと思います!

さて、週末日曜日。
相変わらずレザージャケットをいじって楽しんでおります。
ということで、今日は楽しんでいるレザージャケットの中から
70年代のジャケットを少しだけ紹介させて頂きます。
0129_5.jpg

Lewis Leathersの中でも伝統的なフラッグシップモデルBRONXラインナップから、
1966年誕生のTWIN TRACK BRONXです。

BRONXといえば、英国スタイルというよりは、
アメリカンスタイルを強く意識したジャケットになります。
当時、アメリカで流行っていたジャケットに多く見られるDポケットや裾ベルト、
両肩のエポレットなど英国スタイルジャケットには無いデザインが施されている
ジャケットです。
そしてTwin Track BRONXの最大の特徴は
その名のとおり、フロントジッパーの袷が2通り用意されていること。
0129_4.jpg

当時のカタログを見ると、
内側のジッパーは冬用ということで、インナーを着込んだときに使用して、
外側のジッパーは夏用でインナーを着込まないときに使用するらしい。
実際、どうだったか分かりませんが、
通常のBRONXが少しがっちりした着用スタイルになるのに比べて、
Twin Track BRONXは外側のジッパーで着用するともっさり感が少ない
着用スタイルを楽しめるので、個人的には外側ジッパーで着用するTwin Track BRONXが
大好きです。

両肩のエポレットってのはコレ↓
0129_3.jpg

また、BRONX同様Twin Track BRONXには沢山ポケットが付いています。
左脇のDポケットに始まり、
右側にもポケットが付いて、
背中にもマップポケットといわれるポケットが付くし、
左袖にはチェンジポケットまで付きます。
コレだけポケットが多いと使い方に悩みますが、
実際はどのポケットも使わず、飾りというかデザインアクセントとして
楽しんでいる方が多いのではないかと思います。
本日紹介しているジャケットは、
センタジップには、CLIX
Dポケットのボールチェーンは、LIGNTNING
右脇に付くポケットには、L
袖ジップには、Sと
ジップブランドもバリエーション豊富で面白いです。
0129_6.jpg

ブランドタグから70年代のジャケットであることが分かりますが、
まあ何かと面白いことが沢山あるジャケットですね。
0129_2.jpg

着用スタイルはこんな感じ↓
0129_1.jpg

サイズは36くらいだと思いますが、
タグが付いていないので分かりませんけど、個人的には丁度良い感じです。
まあ、Vintage Jacketについているタグとかは
あまり信用が出来ないので、ジャストで切れたらどうでもいいですけど。

今回はVintage Jacketを少しだけ紹介させていただきましたが、
着易さからいったら現行モデルにはかないません。
Vintage、現行モデルのどちらも良い面を持ち合わせたLewis Leathersの
ジャケットです。
Lewis Leathersファンの一人として、
オーナーさんの好みでそれぞれのジャケットを是非楽しんでいただきたいと思います。

相変わらず寒い日が続いていると共に、
インフルエンザなども流行っている様子ですので、
くれぐれもお体に気遣って日々お過ごし願います。

まもなく2月に入りますが、
2012年の2月も元気に楽しい時間を過ごしましょう!
posted by kei at 16:56| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

'70s Lewis Leathers BLUE ELECTRA Jacket

梅雨という季節があったことを一気に忘れさせる真夏です。
夏はこうでなくては!と喜ぶべきコトなのでしょう、きっと。

さて今日は週末、ロンドンから届いたお客様注文のジャケットを
少しだけ紹介させて頂きます。
晴れて海を越えて届いた素敵なジャケットはこちら↓
DSC02985.jpg

'70s Lewis Leathers ELECTRA Style No.444

以前、Garage Sale!で紹介させて頂いたジャケットです。
なんと言ってもBLUEカラーが渋い!
Vintage Jacketの中でも人気が高い理由がわかります。
DSC02986.jpg

バックスタイル↓
DSC02991.jpg

ELECTRAは、CYCLONE、EUROPAと同時期にラインナップされたジャケットと言うのは
有名な話です。
ELECTRAとEUROPAは、両肩&両肘にストレートステッチのパッドが施されるので、
一見、似たようなモデルなのかな?と思う方もいるかと思います。
しかし、ELECTRAは着丈が長いモデルですので、見た目の印象は全くと言ってイイほど
異なります。
DSC02992.jpg
↑ウエストのアジャスターベルトは後ろ向きに2本付きます。

スッキリとした印象を与えるストレートステッチのパッド部↓
DSC02988.jpg

フロントジップエンドには、402Liguntning同様にスナップボタンが付いております。
DSC02989.jpg

ジッププラーはCLIX。
DSC02990.jpg

そして、なんと言ってもフロントの袷の内側に付くチェンジポケット。
この位置につける意味がよくわかりませんが、
これも特徴だと思えば、特徴です。
DSC02997.jpg

ライニングは、レッドキルティングコットン。
EUROPA、CYCLONEのブラックニットに対してELECTRAだけの仕様です。
DSC02999.JPG

最後に、70年代後半〜80年代初期に見られるインナータグ↓
DSC02998.JPG

革質、ライニングと非常に状態の良い'70s BLUE ELECTRAです。
現行のようにガンガン着倒す、と言うことは少し勿体なくなりそうですが、
新しいオーナーさんのスタイル演出に大きく貢献することを願っております。

これから夏本番!って時ですが、
秋からの今シーズン用にジャケットを検討する方も増えてきております。
今年こそ、CYCLONEとか、今度は街着メインで襟付きシングルとか、
カラージャケットもイイかな?等々、
お気に入りのスタイルシーン演出に、Lewis Leathersがきっと貢献します。
是非、スタイル演出パートナーとして、
Lewis Leathersをご検討ください。

それでは、暑い日が続きますが、
くれぐれも体調に気遣って日々、お過ごし願います。


今回ご紹介したジャケットはお客様からの注文ジャケットです。
従って、販売アイテムではありません。

posted by kei at 15:27| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

70's Lewis Leathers Twin Track BRONX Style No.440

明日から3連休...ですが、天気が少し心配ですね。
静岡でも「雪が降るかも?」というウワサを耳にしました。
最近は暖かな日が続いてたので、寒暖の差が激しい時期なんだと
改めて実感します。

さて、今夜は久しぶりに個人所有のVintage Jacketを少しだけ
紹介したいと思います。
DSC01634.jpg

Lewis Leathers TwinTrack BRONX Style No.440
ご存じ、アメリカンスタイルジャケットBRONXモデルにフロントジップが2本付くことで
お馴染みのジャケットです。
DSC01623.jpg

バックスタイル↓
DSC01632.jpg

昔、雑誌か何かで2本付くフロントジップの使い道は、
サマーシーズンは、外側のジップレールを使用して、冬場はインナーを着込む為に内側のジップレールを
使用する為のデザインというように紹介していた記事を見た気がします。
しかし、私自身もそうなのですが実際に着用している方は、外側のジップレールを使用して
着用されている方がほとんどではないかな?と思います。
(そうでない方もいるかも知れませんが、あくまでも私感です)
DSC01627.jpg

左脇につくDポケットや、エポレットなど
アメリカンスタイルジャケットと称されるポイントとしてあげられます。
Dポケット↓
DSC01625.jpg
エポレット↓
DSC01631.jpg

背中というか両脇の後部につくマップポケットも珍しいデザインに感じます。
DSC01633.jpg

ジップポケットが多いのが特徴でもあるのですが、
複数のジップを利用しているのも珍しいポイントではないかと思います。
フロントのメインジップにはCLIXプラー↓
DSC01626.JPG
Dポケットや左袖チェンジポケット、両脇後部マップポケットにはLigntningのボールチェーン↓
DSC01629.jpg
両袖には「S」マーク
DSC01630.JPG
そして、右脇に付くジップポケットには「L」マーク
DSC01628.JPG

このジャケットだけで4種類にジップが付いていました。
それがオリジナルなのか?また時期によって違いがあるのかも知れませんので
一概には言い切れませんが、面白いポイントです。

ライニングはレッドキルティングコットン↓
DSC01635.JPG

インナータグは、70年代のAVIAKITタグが付いておりますが
サイズ表記は付いてませんでした。
実寸で小さめ38程度だと思いますが、とても着易く雰囲気が良いジャケットです。
ただ...
30年以上経過しているジャケットですので、ガンガン着倒す、て感じで着用したら
いろんなところがダメージを受けてしまうことも事実です。
従って、着用メインというか、鑑賞メインになりがちなジャケットであるといっても
過言ではないかなと思います。
VintageジャケットにはVintageジャケットの良さがあり、
現行ジャケットには現行ジャケットの良さがある、て当たり前のことですが
その良さを使い分けながら楽しむのも良いと思います。

それでは、天気は少し心配ですが明日から3連休。
充実した楽しい連休をお過ごしください。

dbms cafe&clothing 3連休営業時間のご案内
 2月11日(祝金) 10:30〜18:00 
 2月12日(土)  10:30〜19:00
 2月13日(日)  10:30〜18:00

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。





posted by kei at 21:16| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

70s Lewis Leathers Twin Stripes SPORTSMAN No.69s

夏を前に何故かかなりバタついており、
ブログ更新もできていなかった今日この頃でした。
そんな忙しい中、昨日の日曜日はフリーマーケットに参加しました!
(と言っても、私はちょこっとですけど)
土曜日の雨が嘘のように真夏の灼熱の太陽の下、
最近取扱を始めたミニ観用植物を販売させていただきました。
初フリマで、準備不足も多々ありましたけど、楽しかったです。
※フリマは雑貨販売セクションの催事ですので、アパレル販売はありません。

さて、久しぶりに更新する今日少しだけ紹介したいアイテムはこちら↓
DSC09863.jpg

70s Lewis Leathers Twin Stripes SPORTSMAN Style No.69s

久々に更新なのにVintage Jacketの紹介かよ、とお叱りを受けそうですが
格好良いジャケットですのでカラージャケットを検討されている方に
少しでも参考になればと思い、少しだけ紹介します。

※注意! 
 現在ツインストライプのスポーツマンジャケットは、ブラックボディのみとなります。
 ツインストライプモデル以外は、レッドカラーボディ選択可能です。

個人的に暑い時期によく似合いそうなジャケットが、スポーツマンモデルという
印象があります。
今回紹介するジャケットもたまに着用するのですが、夏場利用が圧倒的に
多くなっています。
レッドと言うカラーに強烈なイメージを持つ方も多いと思いますが、
当店ではオーダーの多いカラーになります。

横から見た感じ↓
DSC09864.jpg

バックスタイル↓
DSC09865.jpg

スポーツマンモデルは、着丈が長いスーパースポーツマンと着丈が短いスポーツマン
モデルがありますが、着丈については好みが分かれるポイントです。
個人的には、着丈の短いスポーツマンはタイトなシルエットが格好良いジャケットだと
感じます。

現行ではツインストライプスモデルはブラックボディ×ホワイトラインのみの
オーダー受付となっているのが残念ですが、
レッドボディの格好良さは変わりません。
DSC09868.jpg

センターのメインジップには、スクエアのCLIXプラーが付いてます。
DSC09867.jpg

両胸と両脇のポケットには、Sマーク↓
DSC09869.JPG

メインジップに内側には現行同様ベロがつき、ジップの隙間からの外気侵入を防ぎます。
現行ジャケットの場合、表革のベロが右側につきます。(Vintageと反対になってます)
DSC09870.jpg

ライニングに付くインナータグはかなりヨレてますが
いい味出してます。
DSC09871.JPG

最後に、左胸に付くLewis Leathersのスクエアパッチ↓
DSC09866.JPG
現行モデルも同様にスクエアタイプが付きますが、
オーバルタイプでのオーダーも可能です。
(Super Sportsman68には、オーバルタイプがスタンダート装着)

今日はカラージャケットの中でも人気が高いレッドカラーのジャケットを
紹介させていただきました。
新規オーダージャケットですと、発色が良く落ち着いた雰囲気に馴染むまで
時間がかかるモノですが、その分、自分だけのジャケットに育て上げる時間が
愛着を増していくと思います。
自分だけのお気に入りの1着を検討されている方、
是非、Lewis Leathersのカラージャケットで格好つけてください。

昨日、今日と静岡は真夏です。
今週は比較的、雨が降らないようなことを天気予報で伝えておりましたが、
まだ梅雨が終わったわけではないと思いますので、
突然のゲリラ豪雨などの対処にも気をつけて、日々お過ごしください。


posted by kei at 18:32| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

Highwayman 70's Single Jacket

いきなりですが、「日帰り温泉」って好きですか?
いわゆるスーパー銭湯、てのも含めて、静岡県内には多数あるらしいです。
なので「よく行くよ」、て方も私の廻りには多くいるのですが、
私は苦手です。
もともと行く機会がなかったのですが1年くらい前、転勤になってしまう友人の送別会
を何故か日帰り温泉で行うと言うことで、そのとき初めて半強制的にいきました。
その際は、日帰り温泉利用ルール?みたいのが全然わからず、
恥ずかしい思いも経験したのですが、それより何より、
知らない裸のオッサン(って私もですけど)をたくさん見せつけられるのが
たまりませんでしたね。
完全に「目に毒」、て感じがしました。
(普通の温泉とかと違ったボリューム感に耐えることができませんでした)
でも今日、仕事の打合せの合間の雑談で「ゴールデンウィークはかなり混むらしい」、
と言う話題になり、「かなり混む」と言うことは....
私は絶対に行きません、て宣言してきました。(まあ、ずっと仕事ですけど)

さて、今日はなんとなく個人所有のVintage Jacketを少しだけ紹介したいと
思います。
DSC01207.jpg

Highwayman 70's Single Jacket

スタンドカラーのシンプルなジャケットで、
Lewis LeathersのSportsmanとはまた違った雰囲気があるジャケットです。
このジャケットはお店に置きっぱなしのジャケットなので、
お店にいるとき不意に「どっか行こうかな?」と思うとき、
纏って出掛けたりして楽しんでます。

ナナメから↓
DSC01233.jpg

で、後ろから↓
DSC01234.jpg

フロントには、SportsmanやDominatorのように両胸部に
ボールチェーンジップポケットが付いてます。
DSC01231.JPG

OPTI
DSC01217.JPG

フロントのジップにはCLIXプラーが付いてます。
DSC01232.JPG

ちなみに先日、70's LIGNTNINGについていた同様のCLIXプラーがポキって折れたときは
瞬間的に、私の心も折れました。
Vintage Jacket故に、各部パーツも疲れているので、どうか優しく扱ってください。

ウエストアジャスターバンドが1本付いていますが、
Lewis Leathersとはまた違ったディテールも楽しいポイントです。
DSC01212.JPG

最後に、インナータグ↓
DSC01240.JPG

Highwayman Jacketも、Lewis Leathers Jacketもどちらも大好きな
ジャケットです。
あまり着用する機会は多くありませんが、他の方に引き継ぐまでの期間は
大切に扱っていきたいと思います。

それでは、今夜も雨で少し憂鬱になりがちな夜ですけど
ゴールデンウィークも間近と言うことで、気分だけでも晴れた気分?で
残り少ない春の夜を楽しくお過ごしください。








posted by kei at 18:58| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

70's Lewis Leathers ELECTRA No.444

せっかくの週末なんですけど、今日も雨。
最近、雨の日が多くてバイクに乗ることができない、
と嘆いている私です。
じゃあ「雨にも負けず」と行きたいトコですが、やはり雨には勝てません。
素直にバイクでも磨いて過ごしてます。

で、そんな雨の日曜日に少しだけ紹介したいジャケットは、
個人所有の私物ジャケットです。
DSC00522.jpg

70's Lewis Leathers ELECTRA No.444
現行ラインナップはされていないモデルですが、
同時期に登場したCYCLONE 441、EUROPA 439同様、
1973年に登場した人気の高いモデルです。

特徴的なポイントは、
CYCLONE、EUROPAに比べてウエストバンドが施される分、着丈が長い。
それに伴い、ウエストのアジャスターベルトも2本になります。
また、フロント袷の内側に、ジップ式のウォレットポケットが
施される点も特徴的です。
ライニングは、CYCLONE、EUROPAがブラックニットナイロンが
スタンダート装備に対して、
ELECTRAはレッドキルティングコットンが標準装備となっています。

バックスタイルはこんな感じ↓
DSC00529.jpg

着丈の違いこそ感じますが、全体的なイメージはCYCLONE、EUROPAと
同一デザインになります。

80年代のカタログ紹介では、ボディカラーはBLACK and Navyと言う記載なので
写真のレッドカラーは当時カラーオーダーであることがわかります。
DSC00537.JPG

402LIGNTNINGにも見られる、ジッパーエンド部に付くスナップボタン↓
DSC00526.JPG

ショルダー部とエルボー部にはストレートステッチのパッドが施されます。
DSC00527.jpg
くどいけど、反対側↓
DSC00530.jpg

現行ジャケットも両袖のジップにはLプラーが付きますが、
当時のLプラーはこんな感じ↓(反対になってますが)
DSC00531.JPG

フロントの併せに施されるウォレットポケット↓
DSC00525.jpg
この位置にポケットを付けると言う発想はどうなんでしょうか?
機能的なのかも知れませんが、
このポケットを利用する姿は少しドラえもんを思い出しそうです。

Lewis Leathersタグは、70年代後半から80年代前半モデルの
Lewis Leathers筆記体ロゴのタグが付いてます。
(少々破けてますけど、気にしません)
DSC00532.JPG

ライニングは、赤キルティングコットン。
なんでELECTRAモデルだけ、赤キルティングコットンだったのか?
私は詳しいことは知りませんので、
疑問を持たれた方は、お手数ですが詳しい方にお聞きください。
DSC00533.JPG

最後は、左胸に付くLewis Leathersのオーバルパッチ↓
DSC00524.JPG
パッチ取付位置がちょっと左端過ぎないか?と思う方もいるかと思いますが、
細かいことは気にせず、私は愛用してます。

赤いジャケットって、派手なイメージが強いですが、
実際オーダーされるオーナーさんも多いジャケットです。
なので是非、「赤が好き」という方は写真やカタログだけで判断せず、
実際に試着して着用イメージを実感頂きたいと思います。

※今回、少しだけご紹介させて頂いたELECTRAモデルは、
現行Lewis Leathersジャケットにラインナップされていないモデルになります。
従いまして、新規オーダーを取り扱っていないことをご了承願います。

冒頭にも軽く愚痴りましたが、
せっかくの週末も雨。
来週こそは晴れて気持ちの良い週末ドライブを楽しみたいモノです。

それでは、春の訪れと共に花粉症に悩まされる方もいるかと思いますが、
来週も楽しいコトをいっぱい考えながら、
充実した時間を過ごしましょう!



posted by kei at 18:43| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

Vintage Lewis Leathers EUROPA No.439

週末は少し仕事もあったのですが、
土曜日の夜はジャケットをメンテしたり、
晴れた日曜日はいつもお世話になっている掛川のローリングスさんに伺い、
ワンテンのオイル漏れ修理して頂いたりと、有意義な時間を過ごすことができました。
でも、あまりお店に出る時間がなく、ご来店頂いた方々にお会いできなかった事は
凄く残念でした。

さて、今日は普段自宅でひっそり眠っているVintage Jacketを少しだけ紹介します。
そのひっそり眠っているジャケットはこちら↓
DSC01498.jpg

Lewis Leathers EUROPA No.439

以前もこのブログで紹介したことがありますが、
タグから70年代後半から80年代前半に販売されたジャケットだと思います。

詳しい方はすぐにお気づきかと思いますが、
センタージップが交換されています。
本来ならたぶんCLIX等が付くのでしょうが、しっかりYKKになってます。
まあいいです。

横から見た感じ↓
DSC01499.jpg
EUROPA特有(ってエレクトラもですけど)の肩と肘につくストレートステッチの
パッドが特徴です。

そして、何故かトルソーがナナメになってしまいましたが、バックスタイル↓
DSC01500.jpg
今回ご紹介させて頂いておりますEUROPAのサイズは40と
若干大きめなので、トルソーサイズに合わなかったみたいです。

しつこいですが、ショルダーに施されるストレートステッチのパッド
DSC01501.JPG
後ろから↓
DSC01505.JPG

ストレートステッチのパッドはごつさを感じさせることなく、
個人的には好きなデザインです。
(当時のカタログにはラグジュアリー・パッディングと記載されてます)

エルボー部のパッド↓
DSC01502.JPG
左袖部にはLigntningのボールチェーン・スリーブポケットがついてます。

フロントの3つのジップポケットと、袖ジップはOPTI↓
DSC01503.JPG

ウエストバンド部には後ろ向きにアジャスターベルトが1本付きます。
DSC01506.JPG

ライニングは、ブラックニットナイロン↓
DSC01508.JPG

ご存じの方も多いかと思いますが、EUROPAのライニングと表側の間には
シルバーのスペーススーツ素材が挟まれております。(たぶん防寒性向上?)
なので、写真のライニングが少し光って見える部分があると思いますが、
それは、ブラックニットの内側のシルバー素材です。

見づらいですが、アップでもう一度↓
DSC01509.JPG

ちなみに現行ラインナップされているEUROPA 439は通常のライニングになります。
(赤キルティングor 黒ニットナイロン)

最後に左胸に付くLewis Leatherのオーバル型ウイングパッチ
DSC01504.JPG

個人的に所有しているVintage Jacketの多くは38とか40とかのサイズが多く、
あまり価値の高いサイズではないのですが、
いろんなモデルを見ることは凄く勉強になります。
また、サイズ表記が40とかでも採寸をしてみたら36とか38とかのジャケットも
少なくありません。
まあモデル、カラー、サイズが希望通りのVintage Jacketに出会うことは少ないので、
Vintage Jacketを探していて、もしもご自身にジャストなモデルに出会ったら、
お財布と相談ですが、是非、手に入れたいですね。

Vintage Jacketの話は別物ですが、現行モデルもかなり人気が高まってます。
当店でも在庫が残りわずかとなっておりますが、
オーダーは随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは、来週は11月という時期に季節外れの台風が来ているようで、
寒い日が続いております。
季節の変わり目に近づくにつれ、気温差も激しくなるかと思いますので
くれぐれも体調に注意して日々お過ごし願います。






posted by kei at 20:23| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

Lewis Leathers Team SuperSportsman Kawasaki_Lime Green

今年のLewis Leathers09A/W注目アイテムと言えば、
Dominator,Corsairのタイトフィットモデルと、
LEWISLEATHERS×EFECTORコラボサングラス。
特にサングラスには興味を示す方も多かったですね。
9月中旬入荷予定ですので、今しばらくお待ちください。

ここ数日、確実に梅雨に向かっているかのような日が続いておりますが
そんな今日もLeather Jacketを紹介します。
本日、少しだけ紹介したいJacketはこちら↓
DSC00349.jpg

LewisLeathers Team SuperSportsman Kawasaki Lime green
70年代後半から80年代初頭に生産されたジャケットです。
SuperSportsman Styleは1975年に登場したモデルですが、
今回紹介するKawasakiカラーの他にも、
SUZUKI、YAMAHA、HONDAなど日本のバイクメーカーのチームジャケットも
多く見かけます。
それもそのはず、70年代から80年代にかけて日本車はヨーロッパの
Motorcycleシーンで大活躍した時代であり、
その強さの象徴としてメーカーのシンボルカラーを大々的にアピールしていた
ことは容易に想像できますね。

DSC00350.jpg

Cycloneと同じバックスタイル。
DSC00351.jpg

両胸に付くボールチェーンジップポケット↓
DSC00354.JPG

Sportsmanに比べて、ウエストバンドが施される分、着丈が長くなります。
ウエストのアジャスターベルトも2本になります。
DSC00353.JPG

フロントのメインジップはOptiが付いてます。が、
たぶん交換されたような形跡も見受けられます。(気にしてませんが)
DSC00358.JPG

左胸に付くLewis Leathersのオーバルパッチは腕部と同じく白色に金文字↓
DSC00355.JPG
DSC00359.JPG
特にバイクに乗られる方に、スタンドカラーのSportsmanは人気が高いモデルですが、
個人的には、バイクに拘ることなく「革ジャンの定番スタイル」だと思います。
09シーズンでは、Ladeis modelも登場する予定ですので、
男女問わず、お気に入りのSportsman Jacketをお選びいただきたいと思います。

梅雨が近づくにつれ、革製品のメンテナンスが必修となります。
あくまでも「汚れを落とす」ことが大事ですので、
汚れ落としを念入りに行ってから、オイルを入れ→拭き取りを
お楽しみください。

それでは、天気が変わりやすい時期故に、
体調に十分注意して日々お過ごしください。
posted by kei at 20:45| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

Lewis Leathers 70s Twin Stripes Sportsman

5月も終わりに近づくと梅雨の訪れを感じます。
レザー好きには悩ましい時期ですので、梅雨前時期のメンテナンスを怠ることがないよう、
そろそろ梅雨に向けた準備が必要です。
メンテナンスグッズについてはまた近いうちにご紹介させていただきたいと思います。

さて、本日少しだけご紹介したいジャケットはこちら↓
DSC00305.jpg

私物ですいません...
70's Lewis Leathers Twin Stripes Sportsman No.69S
現行モデルでもラインナップされているシングルジャケットです。

横から見た感じ↓
DSC00306.jpg

着丈が短く、袖が長く感じますね。
サイズ表記は34ですが、通常36を着用する私でもジャストに着ることができるので
実際は36かな?

バックスタイル↓
DSC00307.jpg

Sportsman Modelはかなりシンプルなデザイン故に、両腕に施されるツインストライプ
にデザインアクセントを感じて選ぶ方も多くおります。
(もちろん、シンプルが好きだ!という方も多いですけど)

かなり味が出てきたREDカラーもなかなか良いと思います。
フロントのジップにはスクエアのCLIXプラーが付いてます。
見づらいですが、両胸、両脇のポケットのジップには「S」が付いてます。
(って、全然見えないですね)
DSC00308.JPG

肩越しショット↓
DSC00310.JPG

スタンドカラーの裏地は現行モデルと同様にコーデュロイ地になってます。
DSC00313.JPG

左胸に付くLewis Leathers ウイングパッチはスクエアタイプが付いてます。
DSC00309.JPG

「赤なんて派手」「目立ちすぎ」という声が聞こえてきそうなREDカラージャケット
ですが、カラージャケット全般に着込むほど出てくる色味は、
他にはない自分だけのオリジナル・ジャケットを創り出すと言っても過言ではないと思います。
当ショップでもカラージャケットを試着された方の多くが「想像してたより、似合う...」
と好印象を感じてます。
是非、カラージャケットに袖を通しご自身の着用姿を確認していただきたいと思います。

早いモノで来週は6月。
残すところあとわずかになった5月ですが、思い残すことがないよう
充実した時間をお過ごしください。



posted by kei at 20:21| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

Vintage Lewis Leathers ELECTRA No.444

毎日、毎晩と昼夜を問わず暑い日が続いてます。
今日は静岡県内を西へ東へと移動していたので、ほとんど車の中で過ごしていたにも
関わらず、日差しが暑い。
週末は雨と言っていた天気予報も曇りのち晴れに変わってきており、
梅雨は明けたのでしょうか?
今週末は3連休なので天気がよいと言うことは、嬉しいことですので、
週末は素直に夏を楽しみたいモノですね。

さて、こんな真夏日に少しだけ紹介したいジャケットは、
Vintage Lewis Leathers ELECTRA No.444です。
DSC05499.JPG
ご存じの方も多いかと思いますが、Cyclone 441、Europa 439と同時期の
1973年に登場したダブルプレステッドのライダースジャケットです。
3タイプとも、左胸にジッパーポケットが斜めに付く共通のフロントデザインです。
Cycloneとの違いは、両肩と肘部に施されるストレートステッチのパッドと
着丈の長さが違います。
Europaとは両肩と肘部のパッドは同様ですが、ELECTRAは着丈が長くなっています。
バックスタイルで見ると、ウエストバンド部に付くバックルベルトが
ダブルになっており、着丈が長くなっていることがわかるかと思います。
DSC05500.JPG
またこのELECTRAのみ赤キルティングコットンのライニングがオリジナルでした。
DSC05506.JPG
Cycloneはブラックニットナイロン、Europaはブラックニットナイロンの内側に
宇宙服素材?が使われていたというのは有名な話ですよね。
3タイプとも全体の雰囲気は似ているモノもありますが、
それぞれ個性的な特徴を持ったジャケットであり、当時、オーナーのスタイルによって
選ばれたジャケットであったと感じます。(特にRED colorを選ぶ拘りも感じます)
DSC05501.JPG
フロントジッパーにはスクエアのCLIXプラーが付いてます。
DSC05504.JPG
エルボーに付くストレートステッチのパッド。
Europaと同じデザインです。
DSC05503.JPG
そして忘れては行けないELECTRAの最大の特徴?
フロント合わせ部に付くジッパーウォレットポケット↓
DSC05505.JPG
左胸にはLewis Leathetsのウイングパッチが付いてます。
DSC05502.JPG
Lewisタグはかなりやばい状態になってますが、70年代後半から80年代前半の
Lewis Leathersのタグが付いてます。
DSC05507.JPG

今回紹介したVintage ELECTRAは、当時のカラーオーダージャケット(RED)です。
個人的な意見かも知れませんが、Lewis Leathersジャケットの楽しみの一つとして、
「カラーを楽しむ」という選択肢もありだと思います。
今シーズンは、Newカラーバリエーションとして、ターコイズブルーや、
ブラウンも選択可能となり、更にカラフルなLewis Leathersを楽しむことが
できるかと思います。
今シーズンは、自分だけのお気に入りのLewis Leathersをどうぞ、幅広い選択肢と
拘りを持って選んで頂きたいと思います。

これから夏本番。
かなり猛暑の日が続くと思いますが、皆様、お身体に気を付けて日々お過ごし願います。


posted by kei at 20:26| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

Lewis Leatehrs custom Single Jacket

ついにゴールデンウィーク突入!ですね。
皆様、楽しんでますか?
個人的には昨日の日曜日、久しぶりにKawasaki Z750RS 1973年初期型
で少しだけドライブしてきました。
DSC04886.JPG
もちろん、Tシャツの上にLewis Leathersというご機嫌な組み合わせで
出掛けてきました。
この時期、海沿いはホント気持ちが良かったです。
でも実はこのZ2...残念ですが売却予定なので
ドライブ終わりで、バイク屋さんにリフレッシュ整備に出してきました。
まだ売却先は決まっていないのですが、しっかり整備した状態で受け渡し、
新しいオーナーに可愛がって頂きたいと願っています。

さて、今日は先日ロンドンから届いたVintage Lewis Leathers Jacketを
少しだけ紹介したいと思います。
届いたジャケットは、これ↓
DSC04740.JPG
シングルなのですが、カタログで見たことがないStyleです。
状態及び、タグからみて60年代初めのカスタム・オーダージャケットだと
思います。
バックスタイルはこんな感じ↓
DSC04745.JPG
タイトでスリムな格好良いシルエットです。
かなりヤレたジャケットですが、それもまた「歴史」を感じさせる味として
気に入ってます。
両袖にはワッペンをはがした跡が残ってます。
DSC04746.JPG
どんなワッペンが貼ってあったのか?時代背景から59CLUBとかTRIUMPHとか
だったのでしょうか?
いろいろ想像してしまいます。
このジャケットの特徴的なディテールのひとつ。
それは、胸ポケットが左胸にだけ付いてるトコです。
DSC04747.JPG
DominatorやSportsmanなど両胸部にポケットが付くジャケットはありますが
片方だけというのはCustom orderの証でしょうか?

センタージップはLightningのダブルジップ↓
DSC04744.JPG
写真はありませんが、左胸部ポケットと、両脇パケットには
Lightningのボールチェーンが付いてます。
袖口ファスナーは「L」↓
DSC04742.JPG
フロントジッパーエンド部には、スナップボタンベルトが
付いてます。
(個人的にこれ、結構お気に入りです!)
DSC04743.JPG

Lewis Leathersのタグは、60年代初頭の「Lewis Leathers」タグ。
赤いライニングと共に、歴史を感じます...
DSC04741.JPG

個人的には少し襟を立てて着用するスタイルがお気に入りです。
DSC04748.JPG

ジャケットサイズもヤレ具合の雰囲気も大のお気に入りなのですが、
かなりの年配ジャケットなので、着回しには気を遣いそうです。
なので、頻繁に着用はできそうもない、というコトで、
先日、現行Corsair Style59を袖丈5cm伸ばしてorderしちゃいました!
もちろん、ライニングはお気に入りの黒ニットナイロンで。
この時期orderって、仕上がり早そうなので到着が楽しみです!

などと少し浮かれ気味で申し訳ありません。
ゴールデンウィーク期間中、天気は心配ですが、
きっとお出かけ日和な日々が続くはずです。
「ガソリン値上がり」も少し気になるニュースですが、
どうか充実したゴールデンウィークを満喫してください。
そして、期間中お仕事な人...
休み明けプレゼンが決定したの私も頑張ります!
お互い遊びよりも仕事、楽しみましょう!












posted by GUEST at 20:07| Comment(0) | Vintage Jacket | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント